スノーボード用品を購入する順番|スノボーのスー

スノーボード用品を購入する順番

いきなり全部購入する人は少ないですよね?
そこで、おすすめの購入する順番を紹介します。

見た目重視

普通はこの順番です。

1)ヒッププロテクター(ケツパッド)
ウェアを試着するときには必要です。
無くてもジャージの重ね着などで代用出来ますが、買っておいた方がベターです。

2)ウェア
手に入れてテンションが上がるのは、やはりウェアが一番ですね。
ゴーグルなどの小物類と合わせて準備するのがおすすめです。

3)ゴーグル・グローブ・ビーニー・インナーなどの小物
アクセサリー感覚で選べばOKです。

4)ブーツ
自分の足に合うブーツを入手しましょう。

5)バインディング
ブーツと相性の良いバインディングを入手しましょう。

6)スノーボード(板)
スノーボードがお気に入りでも、ブーツの調子が悪いとスノーボードを楽しめないので、重要度は低いです。

でも、スノーボード(板)だけレンタルはほとんど無いので、4)〜6)はまとめて入手した方が良いです。

機能性重視

見た目より、機能性を重視したい方はコチラ。
理想論なので、あまり一般的ではないです。

1)ゴーグル・グローブ・ビーニー
スノーボードをする上で最も重要な「視界」を確保するために、最低限の機能を備えたゴーグルを入手します。

また、最低限の快適性を保つ(耳と手の保温)ために、グローブとビーニーを入手します。
ゴーグルとグローブだけは安物はさけましょう。

2)ブーツ
まずは、自分の足に合うブーツを入手します。
自分に合うブーツは買うしかありません。

3)バインディング
ブーツと相性の良いバインディングを入手します。

4)スノーボード(板)
ブーツやバインディングに比べると、重要度低いです。

でも、スノーボード(板)だけレンタルはほとんど無いので、4)〜6)はまとめて入手した方が良いです。

5)ケツパッド
ウェアを試着するときに必要。

6)ヒッププロテクター(ケツパッド)
スノーボードのやりやすさには関係ないウェアは最後。
借りたり、お下がりをもらったりしても、滑る分には問題ありません。

※小物はお好きなときにどうぞ









>スノーボード用品の選び方 -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-