スノーボード用品のメンテナンス|スノボーのスー

チューンナップのススメ

ほとんどのスノーボーダーは、チューンナップショップにメンテナンスをお願いしたことがないと思います。
しかし、チューンナップに出すと、色々なメリットがあるので、お金と時間に余裕がある人は出すことをオススメします。

チューンナップの種類

細かく覚えてもあんまり使えないので、ザッと説明します。

ソールを削る
サンディングとか言われます。ソールの表面を削ってきれいにします。
エッジのチューンナップとワックスがけもセットでやるのが普通です。

エッジを磨ぐ
エッジを磨いで、角をたてます。

ワックスがけ
色々な機械を使った特殊なワックスがけをしてくれる所もあります

ストラクチャーを入れる
ストラクチャーと呼ばれる細かい溝をソールに刻むことで、湿った雪で滑りやすくします。
ストラクチャーはかなりデリケートな問題なので、タイムを競う大会に出る人以外はあまりこだわる必要はありません。

新品のスノーボードのチューンナップ

新品のスノーボードでも、サンディングしてもらいましょう。
新品のスノーボードでもソールは劣化していることが多いのですが、サンディングすることでソールを生き返らさせることが出来ます。

しかし、それよりも重要なことがあります。
それは、

 ワックスがけが楽になる!

ってことです。

新品のスノーボードでも、ほとんどのスノーボードのソールは歪んでます。
そのため、ホットワックスをかけてる時に、ワックスがきれいに伸びず、かなり面倒なことになります。
ワックスを剥がすときも、一気に剥がせないので、イラッとします。

しっかりしたチューンナップショップでソールを削って貰えば、歪みが無くなるので、ちょー快適にワックスがけができます。
サンディングを依頼するときは、エッジのチューンナップとワックスがけも一緒にお願いしましょう。
(普通はサンディングとセットになってます。)

新品時以外のチューンナップ

スノーボードの寿命でないかぎり、チューンナップすれば新品同様になります。
もちろん、トップシートの汚れや、チューンチューンナップでは対応できない傷は治りませんが。

特に固い雪が苦手な方。
エッジが丸まってるのが原因の場合も多いですよ。
エッジだけでもチューンアップすると、かなり楽になるはずです。

新品時以外のチューンアップはいつでも好きなときに出せば良いのですが、シーズン終了時に出すのがオススメです。
シーズン直前やシーズン中はどこのチューンアップショップもメチャ混みです。
1ヶ月以上返ってこないことも多いので、チューンナップに出すタイミングに気をつけてください。









>メンテナンス -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-