スノーボード用品のメンテナンス|スノボーのスー

ワックスの生塗り

ホットワックス用、又は生塗り用のワックスをアイロンを使わずに塗ることを「生塗りする」と言います。

以下のような2つのシチュエーションで生塗りします。

ホットワックスに加えて、もっとスピードをつけたい時に生塗りする
スタートワックスのようなフッ素高含有ワックスを使うのが普通です。
大会でスピードをつけたいとき、雪の状態が悪くて滑りが悪いとき、などに生塗りします。
効果はメチャクチャ短いです。

ホットワックスの代わりに生塗りする
アイロンが使えない所でワックスがけしたい時に代用するやり方です。
ホットワックス用固形ワックスかペーストワックスを使います。
ホットワックスをかける時間がなかったときに、スキー場で生塗りすることが多いです。
ホットワックスより、効果が低い&短いです。

<ワックスの生塗り>

用意するもの



ワックス
写真は固形ワックスですが、生塗りに使えるワックス(スプレー缶の簡易ワックス以外)なら何でもOKです。
固形ワックスを使う場合は高温用(ワックスの色で言うと、黄色、赤、ピンクなど)が良いです。

コルク
ワックスをソールに浸透させるために使います。

スクレーパー
ソールが汚れているときに使います。

ナイロンブラシ
仕上げ直前に使います。
汚れとりにも使います。

馬毛ブラシ
仕上げに使います。

準備

ソールが汚れているときは、汚れをとってください。

i)ソールにこびりついている汚れをスクレーパーで削りとる

ii)スクレーパーで取りきれなかった汚れをナイロンブラシでかき取る

頑張っても汚れは取りきれないので、ざっくりやればオッケーです。

やり方

1)ワックスをソールにこすり付ける
ソール全体にまんべんなくこすりつけます。
付け過ぎると後で面倒になります。
特にペーストワックスは付け過ぎやすいので注意。
写真は固形ワックスを使った場合です。



2)コルクでソールをこする
摩擦で熱を出すようにこすってください。
この摩擦熱でワックスを溶かして、ソールに浸透させます。



3)ナイロンブラシでブラッシング
ナイロンブラシでソール全体をブラッシングする。



4)馬毛ブラシでブラッシング
馬毛ブラシでソール全体をブラッシングして終了です。










>メンテナンス -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-