スノーボード用品のメンテナンス|スノボーのスー

シーズンオフのスノーボードの保管方法

オフシーズンのスノーボードの保管方法を紹介します。
以下の4つをやっておけば、ほぼ完璧です。


バインディングを外す
長期間バインディングをつけたままにすると、ソールがコンケーブしたりして歪んじゃいます。
長期間使わないときは、外しておきましょう。

<この状態で保管>



バインディングを洗って乾かす
意外と盲点なのが、バインディングの金具。
放置しとくと、いつの間にか劣化してます。
綺麗にしてから保管しましょう。


ワックスを塗る
ソールを空気に触れた状態で長期間放置すると、どんどん劣化します。
ホットワックスを塗りっぱなしにして(はがさずに)保管しましょう。

<ワックスは塗りっぱなし>



錆び止めをエッジに塗る
ホットワックスを塗りっぱなしの状態で、錆び止めをエッジに塗ります。
ホットワックスを塗らずに錆び止めをぬると、錆び止めがソールに付いちゃうので注意してください。
(ホットワックスを塗ってあってもエッジとソールの隙間には付いちゃいますが)

ちょっとした錆びは数本滑ると取れるので、錆びないように気をつけて保管すれば、錆び止めをぬらなくてもなんとかなることが多いです。

<錆び止めを塗る>










>メンテナンス -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-