利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

スノーボードに必要な道具

スノーボードに必要な道具を紹介します。
スキー場でレンタルできるものもあります。

スノーボード用品の価格はスノーボードにかかる費用のページで紹介しているので、購入する場合は参考にして下さい。

必要な道具


●スノーボード(レンタル可能)
スノーボードです。ボード、板とも呼ばれます。

●ブーツ(レンタル可能)
スノーボード用のブーツです。

●バインディング(レンタル可能)
スノーボードにブーツを固定するための器具です。
ビンディングとも呼ばれます。
バイ、ビンと略されることもあります。




●ウェア(レンタル可能)
スノーボードをするときに着るジャケットとパンツです。
スキー用のウェアでもできないこともないですが、いろいろと面倒になる場合があるのでスノーボード用のほうが良いです。

●グローブ
手袋です。
これも、スキー用だと面倒なことがあるので、スノーボード用が良いです。

●ゴーグル
これはスキー用でも良いです。
曇ると面倒なので、安物はさけましょう。
目を守る役割もあるので、雪が降ってなくても付けましょう。

●ビーニー(ニット帽)
ニット帽です。
寒いのでかぶりましょう。
転んだ時に頭を保護する役割もあります。

●パスケース
リフト券入れです。
ウェアに付属してるときもあります。

●ケツパッド
お尻を保護するプロテクターです。
転んだときにお尻を守ってくれます。



●ボードケース(ソールガード)
スノーボード用のケースです。
スノーボードを守るだけでなく、まわりを傷つけない効果もあります。
他人の車に乗せるときは、ケースがないと嫌がられることが多いので注意。
色々な種類があります。



スノーボードにあると便利な道具

スノーボードを快適に楽しむために、あると便利な小道具を紹介します。




●デッキパット
スノーボードに貼り付けて使います。
貼り付けてあるとリフトの乗り降りが楽になります。

●ドライバーなどの工具
バインディングの調整に必要なドライバーなどの器具です。
持ち運びできるようにセットになってる工具がスノーボードショップに売っています。

●くもり止め
ゴーグル用の曇り止めです。
新品のゴーグルには使う必要はありません。
曇りやすくなってきたら塗りましょう。

●ネックウォーマー
寒いときにあると良いです。

●レンズ拭き
ゴーグル用のレンズ拭きです。
水分を吸収しやすい素材で出来てます。

●日焼け止め
スキー場はムチャクチャ焼けます。
夏の海岸より紫外線が多いらしいです。
(雪が紫外線を反射しまくるんだとか・・・)

●リップクリーム
紫外線対策です。
スティックタイプはフタが取れやすいので、チューブタイプがオススメ。

●スノーボード用の靴下
普通の靴下は足首にシワができるので足が痛くなりやすいです。
スノーボード用の靴下はシワが出来にくいので、痛くなりづらいです。
汗もすぐ乾きます。

●脊椎パッド
腰から首にかけて、背中側を守るプロテクターです。
ジャンプしたくなったら用意したほうが良いと思います。










>スノーボードの準備 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-