スノーボード用品の名称|スノボーのスー

スノーボード用品の名称

スノーボード用品の各部の名称を紹介します。
とりあえず、ここで説明しているものだけ覚えておけば不便は無いと思います。

スノーボード

まず、スノーボード自体の名称の説明です。





●ノーズ
スノーボードの前側です。

●テール
スノーボードの後ろ側です。

●ソール
スノーボードの裏側です。
滑走面とも言います。
雪の上を滑り易い素材で出来てます。

●エッジ
銀色の部分です。
普通、鉄で出来てます。


次に、スノーボードの形状についてです。



●サイドカーブ
スノーボードの横の弧のこと(カーブしてること)をサイドカーブといいます。

●ウェスト幅
スノーボードの真ん中の太さをウエスト幅といいます。

バインディング

バインディングはいろいろな種類があります。
ここでは最も一般的な形のバインディングで説明します。



●ハイバック
アキレス腱からふくらはぎにかけて支える部品です。
前後に角度を調整できるものが普通です。

●アンクルストラップ
足首を固定するストラップです。

●トゥストラップ
つま先を固定するストラップです。

●ベースプレート
ベースとなる部品です。
ほとんどの部品がベースプレートに繋がっています。

●ラチェット
ストラップをしめる部品です。

●センターディスク
バインディングをスノーボードに固定するために必要なものです。
バインディングの位置や角度を調整できます。
メーカーやモデルによって穴の位置が違うときがあります。
バインディングの選び方を参照してください。)

スノーボードウェア

スノーボードウェアの各部の名称と機能を説明します。



●ベンチレーション
一言で言うと空気穴です。
暑いときは開けて、寒いときは閉めます。
これが無いと、春先はつらいです。

●パウダーガード
ウェアの中に雪が入らないようにするためのものです。
ジャケットの裾、パンツの腰、パンツの裾にあることが多いです。
ジャケットのパウダーガードとパンツの腰のパウダーガードが繋がるものもあります。

●ドローコード
ジャケットの裾やフードをしぼるためにあります。
ジャケットの裾を適度にしぼった方がかっこいいデザインのものと、しぼらないで着るようにデザインされているものがあります。
流行にも左右されるので、スノーボードに詳しい友達やスノーボードショップの店員さんに着こなしを聞いておくと良いです。









>スノーボードの準備 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-