スノーボード用品の着用方法|スノボーのスー

バインディングの付け方

斜面でバインディングを付けるやり方を説明します。

<バインディングの付け方>

立ったまま付ける

立ったままバインディングの付ける方法を説明します。

やり方
1)スノーボードを自分の前に置く
ハイバックが手前になるように置いてください。
斜面で付ける場合は、自分より高い方に置きます。
自分より高い方にスノーボードを置くことで、バインディングが付けやすくなります。
しかも、スノーボードを流しづらくなります。
(自分より低い位置にスノーボードを置くと、ちょっと手を離した隙にスノーボードだけで滑って行っちゃいます。)

<向かって左側が高くなってます>



2)前足(レギュラーの場合は左足)のバインディングを付ける
足の裏やバインディングについてる雪は取って付けてください。



3)谷側(低い方)を向く
前足を付けたら方向転換して谷側を向きます。
斜度が少ない場所では方向転換しないでそのまま付けても大丈夫です。
斜度がある場所だと谷側を向かないと、上手くバインディングを付けられません。





4)ヒールエッジで雪面を掘る
足場を作るために、スノーボードのカカト側のエッジを使って雪面を掘ります。
ここで上手く足場を作るのがポイントです。




5)後足(レギュラーの場合は右足)のバインディングを付ける
前足でバランスをとりながら後ろ足のバインディングを付けます。





以上で終了です。

座って付ける

座ってバインディングを付ける方法を説明します。

やり方
1)スノーボードを自分の前に置く
ハイバックが手前になるように置いてください。
斜面で付ける場合は、自分より高い方に置きます。
自分より高い方にスノーボードを置くことで、バインディングが付けやすくなります。
しかも、スノーボードを流しづらくなります。
(自分より低い位置にスノーボードを置くと、ちょっと手を離した隙にスノーボードだけで滑って行っちゃいます。)

<向かって左側が高くなってます>



2)前足(レギュラーの場合は左足)のバインディングを付ける
足の裏やバインディングについてる雪は取って付けてください。



3)谷側(低い方)を向いて座って、後足(レギュラーの場合は右足)のバインディングを付ける
前足を付けたら方向転換して谷側を向いて座り、後ろ足を付けます。
斜度が少ない場所では方向転換しないでそのまま付けても大丈夫です。
斜度がある場所だと谷側を向かないと、上手くバインディングを付けられません。






4)立ち上がる




以上で終了です。









>着用方法 -INDEX-
>>スノーボードの準備 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-