スノーボードでジブ:基本用語|スノボーのスー

ジブの基本用語

スノーボードでのジブトリックの基本、その2。

ジブの基本的な用語を説明します。
ジブの解説を読む上で必要なので、一応目を通しておいて下さい。

フロントサイド(略して、F/S)
1)自分の前側のこと。
2)自分の前側(レギュラーのメインスタンスなら右側)にあるアイテムでやるトリック名に付けるもの。
(例)
フロントサイドボードスライド

<レギュラーのフロントサイドのアイテム>


フロントサイドターンやフロントサイドスピンとは違う意味なので注意。(自分の前側って意味では一緒です。)


バックサイド(略して、B/S)
1)自分の後ろ側のこと。
2)自分の背中側(レギュラーのメインスタンスなら左側)にあるアイテムでやるトリックに付ける。
(例)
バックサイドボードスライド

<レギュラーのバックサイドのアイテム>


バックサイドターンやバックサイドスピンとは違う意味なので注意。(自分の後ろ側って意味では一緒です。)


ボードスライド
アイテムに対して素直な動きでアイテムの上に乗って、スノーボードが横になった状態でスライドすること。

F/Sのアイテムは右に曲がりながら乗るので、後ろ向きにスライドする。
<F/Sボードスライド>


B/Sのアイテムは左に曲がりながら乗るので、前を向いてスライドする。
<B/Sボードスライド>



リップスライド
ボードスライドとは逆向きに回りながらアイテムの上に乗って、スノーボードが横になった状態でスライドすること。
アイテムをまたぐようにして乗ることになる。

F/Sのアイテムは右に曲がりながらエントリーして、左回りでスノーボードを回して乗るので、前を向いてスライドする。
<F/Sリップスライド>


B/Sのアイテムは左に曲がりながらエントリーして、右回りでスノーボードを回して乗るので、後ろ向きでスライドする。
<B/Sリップスライド>



ノーズスライド
アイテムに対してスノーボードを横にして、ノーズでアイテムに乗ったままスライドすること。
ただし、明らかにノーズだけに乗っている時以外は大体「ボードスライド」か「リップスライド」と呼んじゃうことが多いようです。


テールスライド
アイテムに対してスノーボードを横にして、テールでアイテムに乗ったままスライドすること。
これも、明らかにテールだけに乗っている時以外は大体「ボードスライド」か「リップスライド」と呼んじゃうことが多いようです。


イン
アイテムに乗る時にやるトリックに付ける名称。
270イン(270度回って乗る)とか、ノーリーイン(ノーリーで乗る)など。
ただし、90度回って乗るときは90インとは言わない。


アウト
1)アイテムの最後の所(出口)
<使用例>
「アウトをしっかり見て。」

2)アイテムから降りること。
<使用例>
「アウトするときに・・・」

3)アイテムから降りる時にやるトリックに付ける名称。
270アウト(270度回ってアウトする)とか、フェイキーアウト(スイッチでアウトする)など。
ただし、90度回ってアウトするときは90アウトとは言わない。









>スノーボードでジブ(基本編) -INDEX-
>>スノーボードでジブ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-