スノーボードでジブ:F/SリップFout|スノボーのスー

F/Sリップスライドフェイキーout

スノーボードでのジブトリックの基本、その14。

ボックスの左側からボックスに乗り、スノーボードを横にして前向きにスライドして、スイッチで着地するトリックです。


準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スノーボードを横にする(F/Sシフティ)
・グラトリのF/Sテールスライドフェイキーout

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
F/S180(トゥ抜け)

着地がスイッチになるので、スイッチランも練習しておきましょう。

やり方

1)ボックスの左側に向かって、うっすらとトゥエッジに乗ってアプローチする
<うっすらとトゥエッジに乗ってボックスの左狙い>





2)アウト方向に進むように、軽くF/Sスピンする
スピンの先行動作などの動きで進行方向がズレやすいので、しっかりアウト方向を狙って下さい。

スピンする量はほんのちょっとで十分です。
スピンする量が多少多かったり少なかったりしても、ボックスの上やアウトの仕方で調整できます。

<しっかりアウト方向を狙って>

写真ではテール寄りでスライドすることを狙っているので、結構左端をねらっていますが、スノーボードの真ん中でスライドする場合はもう少し、ボックスの真ん中を狙って乗ります。





3)右足を自分の下に引き込みながら、テール側に体重を乗せて行く
写真ではテール寄りでスライドするために、右足に体重をかけに行っているのですが、同時に右足を自分の下に引き込んでます。

自分から右足に乗りに行くだけよりも、右足を自分の下に引き込みながら右足に乗りに行った方が楽にテールに乗ることが出来ます。

スノーボードの真ん中に乗りたい場合は、スノーボードの中心が自分の下に来るようにあわせていきます。



4)ソールの面全体で優しくボックスにのる
トゥエッジにもヒールエッジにも乗らないようにソール面全体で優しくボックスに乗ります。
特に、腰が引けてヒールエッジに乗ってしまいやすいので、しっかりソール全体でボックスを捉えるように意識して下さい。




5)ソール面全体に乗って、回転力に身を任せてスライドしていく
アウトを見ながらスライドすることで目線が安定してバランスがとりやすくなります。
スライドして行く方向が多少ズレていてもボックスから落ちない方向であればとりあえず大丈夫です。





6)軽くオーリーしてボックスから降りる
テール寄りに乗っているので、軽くオーリーして(右足で踏み切って)降ります。
オーリーしないでそのまま降りちゃっても良いですが、ノーズがボックスに引っかかりやすいです。

なお、乗っているポイントがテール寄りじゃない場合は降り方が変わります。
気になる方はF/Sボードスライドの【解説】をチェックして下さい。




7)ランディングにスノーボードを合わせながら、膝で衝撃を吸収して着地
ボックスに入るときの回転力の強さ、ボックスの長さによって、ボックスから降りるときの回転量が変わります。

ボックスの上でスノーボードが横になるようにしている場合は、回転量が足りないはずなので、上半身を時計回り、下半身を反時計回りに回してスノーボードをランディングに合わせます。

ピッタリ回りきったときはそのまま降りて、回りすぎていた場合は逆にひねってランディングに合わせましょう。




ポイント!
アウト方向に向かって、ボックスに乗る
ボックスの入り口付近を狙ってボックスに乗ると、狙った方向とは違う方向にスライドして行きやすいので、ボックスに乗る時からアウト方向を狙ってください。


スライドしている間は、しっかりアウトを見る
アウトを見続けることで、目線が安定してバランスがとりやすくなります。


ボックスの上でヒールエッジに乗りやすいので注意
腰が引けて、ヒールエッジに乗りやすいので注意してください。
しっかりソールの面に乗りましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでジブ(基本編) -INDEX-
>>スノーボードでジブ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-