スノーボードの滑り方(ショートターン上級)|スノボーのスー

スノーボードの滑り方(ショートターン上級編)

スノーボードの滑り方(ショートターン上級編)です。
中斜面でカービングでの(ズレの少ない)ショートターンのやり方、練習方法を解説します。

ズレの少ないショートターンをするには、1軸より2軸の方が効率が良く、かっこいいので2軸のショートターンのやり方を中心に説明します。

もちろん、ショートターンのレベルを上げる練習方向やイメージのつくり方も説明しています。

ボリュームが少ないのは、滑り方の基本はスノーボードの滑り方(ロングターン編)のそれぞれのレベルで、ショートターンのやり方についてはスノーボードの滑り方(ショートターン中級編)でほとんど説明しているからです。
手抜きではないですよ。(笑)

また、1軸2軸と分けていますが、基本的な動きはどちらも一緒なので、ショートターンの基本的な動作はスノーボードの滑り方(ショートターン中級編)で説明しています。
2軸のショートがしたくても、スノーボードの滑り方(ショートターン中級編)を飛ばさないでください。

ちなみに、1軸よりも2軸の方が高レベルというわけではありません。
高いレベルのショートターンをするために、2軸の方が効率が良いだけです。

INDEX 練習する順番

効率良く上達するために、効果的な順序で紹介します。
リンク先に詳しいやり方を紹介します。

ワンフットショート
ショートターンでは前足の使い方が非常に重要です。
この練習方法で前足の使い方の技術力を高めます。


上達のヒント(ショート上級編)
ボリューム的に1ページつかわないポイントをまとめています。
でも、重要なことばかりです。


切り換えから荷重までのタイミング
ショート中級では荷重のタイミングは重視していませんでしたが、上達するにはやっぱり荷重のタイミングは重要です。
このことについて解説します。


ショートターン(上級)
ショートターン(上級)を全体を通して解説します。









>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-