スノーボードの滑り方:荷重のタイミング | スノボーのスー

切り換えから荷重までのタイミング

スノーボードの滑り方(ショート上級編)、その3。
ここでは、切り換えから荷重までのタイミングについて説明しています。

ショート中級では、ターン切り替え時に抜重したらすぐ両足均等荷重で雪面をグリップすると説明しました。

しかし、

ショートターンでも、ターン前半に左足で雪面を捉えて、ターン後半に向けて右足荷重になっていく動きの方がやっぱり良いのです。

ですので、ショートターンの技術力が上がってきたら、ショートターンでもターンの出来るだけ早い段階で左足で雪面を捉え、スムーズに右足荷重に移行できるように意識しましょう。

具体的に、順をおって説明します。

<谷側から滑走ラインを見た図>



1)ターン導入時に、左足で雪面をとらえながら切り換える
切り換えてから左足荷重しようとするとどうしても遅くなってしまいます。
はじめから、切り換え直後にとらえることは出来ないと思いますが、出来るだけ早く捉えられるように意識しましょう。


2)ターン中盤に向けて右足荷重になっていく
ターンにかかる時間が短いので、ターン後半に向けて右足荷重になっていくと、その後の時間がなくなります。
そのためターン中盤から中盤直後ぐらいを目処に、右足荷重になって行きましょう。
始めのうちは、1)で左足で雪面を捉えたら、すぐに右足荷重になる感じでオッケーです。
技術力が上がってきたら、ターン中盤に向けて、右足荷重にスムーズに移行していくように荷重するように意識しましょう。


3)ターン中盤を過ぎたら次のターンに向け立ち上がり始める
早く立ち上がることが、次のターン導入時に早くとらえられるコツです。


4)ターン切り換え時には、左足で雪面を捉えられる体勢になっておく









>スノーボードの滑り方(ショートターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-