スノーボードの滑り方:上達のヒント | スノボーのスー

上達のヒント(ショート上級編)

スノーボードの滑り方(ショート上級編)、その2。
ここでは、1ページ使って解説する程の量がない上達するためのヒントを、まとめて説明しています。

他の上達のヒント同様、重要なことばかりです。

目線の固定(2軸編)

1軸のショートターンでは、1つの目標に目線を固定していました。
これは、1軸ではターン弧が浅いため、目線を動かす必要がないためです。
しかし、2軸ではターン弧が深くなるため、目線を1つの目標に固定するとバランスがよくありません。

そこで、目標を2つにします。
フロントサイドターン導入時に右の目標を、バックサイドターン導入時に左の目標を見ます。
もちろん目標は出来るだけ遠くに設定してください。

<目標を2つに>


目標の数は増えましたが、目標を決めずに目線を動かすよりもずっと安定感があります。
また、目線を1つの目標に固定していた時よりも、深いターンがスムーズになるはずです。

重心を投げる方向

1軸では、切り替え時の抜重は、常にフォールライン方向へ重心を投げて行っていました。

しかし、2軸では切り替え時の進行方向とフォールライン方向の角度が大きくなるため、フォールライン方向に重心を投げることは効率的ではありません。

なので、2軸で滑る場合は少しだけ、次のターン方向へ重心を投げるように抜重してください。

<重心を投げる方向、2軸と1軸の違い>


積極的に落ちていく(2軸編)

1軸のショートターンと同様に、自分から積極的に斜面を落ちていくことが、良いポジションを保つポイントです。
しかし、1軸とは落ちていくようにイメージする方向が違います。
切り換え時から、次のターン後半方向へ落ちるように意識してください。

<落ちていく方向>


1軸と同じようなイメージで落ちていくと、進行方向とイメージが合わず、バランスが悪くなります。

上下動を抑える

ロングターンと同じぐらい、膝の曲げ伸ばしを行うと時間が足りません。
ですので、膝の曲げ伸ばしを少なめにイメージしましょう。









>スノーボードの滑り方(ショートターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-