スノーボードの滑り方:姿勢の固定 | スノボーのスー

ターン中の姿勢を固定する

スノーボードの滑り方(ショート中級編)、その7。
今回のテーマはショートターン中の姿勢です。

ロングターンは、1ターンにかかる時間が長いのでゆっくりと姿勢を変えていくことができます。
しかし、ショートターンでは、1ターンの時間が短いので、徐々に姿勢を変えていくのは難しいです。

なので、ターン中に固定できる所は固定してしまいましょう。

フロントサイドとバックサイド、それぞれで固定する所を説明します。
切り換えて、ノーズドロップ終了直後から、それぞれの姿勢になるように意識してください。

フロントサイド



腹筋と背筋に力を入れる
ロングターン中でも、腹筋、背筋は必要なのですが、姿勢をスムーズに変えるために力を入れすぎるとくよないのです。
しかし、ショートターン中は動かない方がいいぐらいなので、腹筋、背筋を使って上半身を安定させます。

左脇を締める
左脇をしめて、右足荷重になりすぎないように抑えておきます。

右肩を少し上げる
少しで良いです。
フロントサイドターンでは、下半身と上半身がかなりねじれます。
このとき、右肩が下がっているとバランスが崩れやすくなります。

左膝を内股にする(左膝を閉じる)
徐々に閉じるのではなく、一気に閉じましょう。

バックサイド


腹筋と背筋に力を入れる
フロントサイドと同様です。

右脇を締める
右脇をしめて、左足荷重にならないように抑えておきます。

左膝をガニ股にする(左膝を開く)
徐々に開くのではなく、一気に開きましょう。









>スノーボードの滑り方(ショートターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-