スノーボードの滑り方(ショート上級編) | スノボーのスー

スノーボードの滑り方(ショートターン中級編)

スノーボードの滑り方(ショートターン中級編)です。
中斜面でのショートターンのやり方、練習方法を解説します。

ショートターンはいきなり中級スタートです。
ターンの基本はショートターンもロングターンも同じなのですが、ショートターンはロングターンの動きを応用するので、中級レベルとしました。

なので、スノーボードの滑り方(ロングターン初級編)(ロングターン初中級編)はマスターし、スノーボードの滑り方(ロングターン中級編)を一通り練習してから、ショートターンの練習に入ってください。

ショートターン中級編では、ターン後半にしっかりと雪面をグリップして、スピードをコントロールしながら(暴走しないように)1軸のショートターンをすることが目標です。
ロングターンの方で紹介している練習方法は、ここでは省き、ショートターン特有の練習方法のみ紹介します。

そうそう。
ショートターンはロングターンほど重要ではないので、興味ある人だけ練習すれば良いと思います。

INDEX 練習する順番

効率良く上達するために、効果的な順序で紹介します。
リンク先に詳しいやり方を紹介します。


ショートターンのターン弧の種類
ショートターンのターン弧には大きく分けて2種類あります。
これについて簡単に説明します。


ショートターン(中級)にトライ
ショートターンのやり方です。
初めは1軸のショートターンを目標とします。
とりあえず、やってみましょう。


ノーズドロップでショートターンの練習1
ショートターンの動きをノーズドロップをしながら身につけていきます。
その練習方法1です。


ノーズドロップでショートターンの練習2
ショートターンの動きをノーズドロップをしながら身につけていきます。
その練習方法2です。
練習方法1に続けて練習して下さい。


直滑降テール上げ
ショートターンでは、切り換え時に重心を谷側に積極的に移動する必要があります。
それを身につけるための練習方法です。


テール上げ切り換え
谷側に積極的に重心を移動させながら、スノーボードを回し込む(ターンさせる)練習です。


ターン中の姿勢を固定する
ショートターンは1ターンの時間が短いので、できるだけシンプルな動きでターンする必要があります。
ここでは、動きをシンプルにするために姿勢を固定することについて説明します。


上達のヒント(ショート中級編)
ボリューム的に1ページつかわないポイントをまとめています。
でも、重要なことばかりです。


ショートターン(中級)まとめ
まとめです。
ショートターン(中級)についてあらためて解説します。









>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-