スノーボードの滑り方(ショートターン中級)|スノボーのスー

ショートターン(中級)にトライ

スノーボードの滑り方(ショート中級編)、その2。
ここでショートターンのやり方を説明します。

とりあえず、やってみましょう。

はじめからは上手くできないと思いますが、どれくらい出来ないものか確認しましょう。

<ショートターン(中級)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

15〜20度の中斜面でやってみます。
緩斜面でやると、出来ているのか出来ていないのか実感しづらいので、多少の斜度は必要です。

やり方

<進行方向とターン弧>



1)イメージする
斜面を眺めて、自分が滑るターンをイメージします。幅2メートルぐらいの大きさのターン弧をイメージしてください。


2)ちょっとだけ直滑降する
基本姿勢で、ほんのちょっと直滑降します。



3)小さくバックサイドターンする
ショートターンに入るためのきっかけをつくります。
ここではフロントサイドターンから入るために、一度小さくバックサイドターンしてきっかけを作っています。




4)フォールライン方向に立ち上がって、ノーズドロップ
フォールライン方向に積極的に重心を移動するのがポイントです。




5)左膝を内側にひねって、トゥエッジにのる
左膝から下の力をつかってスノーボードを回し込みます。
右足でスノーボードを操作しないように注意してください。



6)すぐしゃがんで、両足均等荷重になる
左膝はまだ内側に回し込んでいます。
膝を中心に回しているので、上半身はあまり回っていません。
左脇を締めて、右足荷重になりすぎないように抑えています。(肩を使った荷重位置の調整参照)



7)トゥエッジでしっかり雪面をグリップします
ここで、しっかり雪面をグリップしないとスピードがコントロールできず、暴走する原因になります。



8)フォールライン方向に立ち上がってノーズドロップ
フォールライン方向に積極的に重心を移動するのがポイントです。




9)左膝を外側に開いて、ヒールエッジにのる
左膝から下の力をつかってスノーボードを回し込みます。
右足でスノーボードを操作しないように注意してください。



10)すぐしゃがんで、両足均等荷重になる
左膝はまだ外側に開いています。
膝を中心に回しているので、上半身はあまり回っていません。
右脇を締めて、左足荷重にならないように抑えています。(肩を使った荷重位置の調整参照)



11)ヒールエッジでしっかり雪面をグリップします
ここで、しっかり雪面をグリップしないとスピードがコントロールできず、暴走する原因になります。



12)4)へ戻る


13)次の練習方法から、練習する
どれくらい出来ないものか体感したら、次の練習方法から練習しましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ショートターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-