スノーボードの滑り方:上達のヒント | スノボーのスー

上達のヒント(ショート中級編)

スノーボードの滑り方(ショート中級編)、その8。
ここでは、1ページ使って解説する程の量がない上達するためのヒントを、まとめて説明しています。

とはいえ、ボリュームが少なくても1ページ使っているものと変わらず重要なことばかりです。

荷重のタイミング

ショートターンでも、ターン前半で左足荷重、ターン中盤で両足均等荷重、ターン後半に右足荷重が理想なのは、ロングターンと同じです。
しかし、1ターンの時間が短か過ぎて、ショートターン中に前述のように動くことは非常に難しいです。

そこで、以下のようにイメージを変えます。

1)切り換え時
立ち上がってノーズドロップ

2)切り換え後
両足均等荷重で雪面をグリップする

3)1)に戻る

ノーズドロップして切り換えたら、両足荷重。を繰り返すようにするんです。
時間がないので、左足で雪面をとらえることと、ターン後半に右足荷重になることをスッパリ諦めて下さい。

これで、ショートターンのリズムについて行きやすくなります。

目線の固定

これは、かなり重要なポイントなので、しっかりチェックしておいてください。
一番簡単に実践できるのに、一番効果が高いテクニックです。

ショートターン中は、滑る方向に目標を作って、その目標に目線を固定しましょう。

<目標を決めて目線を固定する>


1軸のショートターンは、目線を動かす必要はないので、固定してしまった方が楽です。

また、上手く滑れないと足元をみてしまいがちです。
しかし、足元をみてしまうことでバランスが崩れ、余計ミスする原因になります。

なので、どんな時でも目線だけは確実に固定しておきましょう。


ちなみに、2軸のショートターンでは目線を動かしますが、それについては上級で説明します。

スノーボードと体の一体感

なにも考えずに滑ると、スノーボードと体、そして体のそれぞれの部位がばらばらに動いてしまいます。
そうならないように、上半身、下半身、スノーボード、全てに一体感があるように意識しましょう。

体全体に程よく力を入れて、体全体がつながっているイメージをもってください。
また、膝から足首まで力を入れて、スノーボードも体の一部と感じるくらい、スノーボードとの一体感をもちます。

体とスノーボードの一体感を持つことで、

●雪面から受ける力に強くなる。荒れたバーンの時には特に効果的です。
●スノーボードに対して効率良く力を加えられる。
●スノーボードの操作が楽になる。

などの、色々な効果があります。

積極的に降りる

ショートターン中の滑走イメージですが、普通にイメージすると、ターン後半にズリ落ちないように耐えるイメージをしやすいです。
しかし、耐えるイメージをもっていると体が遅れやすく、良いポジションが保ちづらくなります。
結局、耐えようとイメージすることが、ズリ落ちる原因になってしまいます。

そこで、自分から積極的に落ちて行くイメージに変えます。

<ターン後半にグリップしたら、次のターンの後半に積極的に落ちる>


ターン後半に雪面をグリップしたら、次のターン後半に向けて積極的に落ちて行きます。
滑り落ちていくことに身を任せるのではなく、自分から次に滑り降りる場所に移動しようとするのです。

こうすることで、スムーズにターンすることができ、スノーボードから体が遅れることなく良いポジションを保つことができます。









>スノーボードの滑り方(ショートターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-