スノーボードの滑り方:ショートターン | スノボーのスー

ショートターン(中級)

スノーボードの滑り方(ショート中級編)、その9。
これまでの練習、イメージをもとにショートターンをします。

<ショートターン(中級)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

10〜25度ぐらいの中で、好きな斜度でやりましょう。
斜度がユルいほど、楽に、ズレを少なく滑れます。

25度ぐらいで、スムーズに出来るようになれば中級卒業です。

やり方

<進行方向とターン弧>



1)イメージする
斜面を眺めて、自分が滑るターンをイメージします。幅2メートルぐらいの大きさのターン弧をイメージしてください。


2)ちょっとだけ直滑降する
基本姿勢で、ほんのちょっと直滑降します。



3)小さくバックサイドターンする
ショートターンに入るためのきっかけをつくります。
ここではフロントサイドターンから入るために、一度小さくバックサイドターンしてきっかけを作っています。




4)フォールライン方向に立ち上がって、ノーズドロップ
フォールライン方向に積極的に重心を移動します。
テール上げ切り換えで練習した感覚を応用して、スノーボードに遅れないように、しっかり重心を投げましょう。




5)左膝を内側にひねって、トゥエッジにのる
左膝から下の力をつかってスノーボードを回し込みます。
右足でスノーボードを操作しないように注意してください。




6)すぐしゃがんで、両足均等荷重になる
左膝はまだ内側に回し込んでいます。
膝を中心に回しているので、上半身は回っていません。



7)トゥエッジでしっかり雪面をグリップします
ここで、しっかり雪面をグリップしないとスピードがコントロールできず、暴走する原因になります。



8)フォールライン方向に立ち上がってノーズドロップ
テール上げ切り換えで練習した感覚を応用して、しっかり、フォールライン方向に重心を移動しましょう。




9)左膝を外側に開いて、ヒールエッジにのる
左膝から下の力をつかってスノーボードを回し込みます。
右足でスノーボードを操作しないように注意してください。



10)すぐしゃがんで、両足均等荷重になる
左膝はまだ外側に開いています。
膝を中心に回しているので、上半身は回っていません。



11)ヒールエッジでしっかり雪面をグリップします
ここで、しっかり雪面をグリップしないとスピードがコントロールできず、暴走する原因になります。



12)4)へ戻る



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ショートターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-