スノーボードの滑り方:抱え込み系ターンとは| スノボーのスー

抱え込み系ターンとは

スノーボードの滑り方(抱え込み編)1。
ここでは抱え込み系ターンについて基本的な特徴を説明していきます。

1.名称

まず、基本的というかどうでも良いことなんですが、誤解が無いように滑り方の名称についてちょっと説明しておきます。

これから説明していく滑り方を、このサイトでは「抱え込み系ターン」と呼びます。

違う呼び方もあるので異論がある人もいると思いますが、一般的に最も認知度が高くてわかりやすい呼び方である「抱え込み系ターン」で統一していきます。

2.動作

抱え込み系ターンとは「膝を抱え込んで(膝を曲げて)抜重してエッジを切り換え、切り換えた後に身体を伸ばしながら荷重するターン」のことです。

立ち上がり系ターンでは「立ち上がって(膝を伸ばして)抜重して切り換え、しゃがみ込んで(身体を曲げて)荷重」しますので動作が逆転しているだけのように感じますが、残念ながらそう単純なことではありません。

具体的なことは滑り方の解説の中で説明していきますので、ここでは「単純に逆転してるだけではない」ってことだけ覚えておいてください。

3.使う場面

抱え込み系ターンは、深雪(深い新雪)やコブ斜面、地形の変化が多い所などで上手く使うと効果的です。

例えば、

深雪では立ち上がっても抜重できません。沈んじゃうので。
しかし、膝を抱え込めば抜重出来るので切り換えが楽に出来ます。

コブ斜面では、切り換え時にコブに引っかからないために膝を抱え込んで切り換えるテクニックが必要になります。
切り換えた後はしっかりとスピード調節する必要があるので、足を伸ばして積極的にエッジングしていくことが有効です。

地形変化の多いところでは、しゃがみこみ荷重だけで滑っていると地形の状況によって、雪面からの抵抗が無くなったり、強くなったりします。
そのため、抵抗が強くなりすぎる場面での切り換え時に抱え込んで抜重したり、ターン中の抵抗が無くなりそうな場面で伸ばして荷重したりと、立ち上がり系ターンにミックスして使っていくことで、安定性が増していきます。

基本的には最初から最後まで使うような滑り方ではなく(もちろん、ずっと抱え込み系で滑っても良いんですけど)、状況に合わせてポイントで使っていくと効果のでる滑り方です。

地形変化の少ない圧雪されたバーンで抱え込み系ターンで滑るメリットはあまりありません。

4.圧雪での抱え込み系カービングターン

このサイトでは「圧雪バーンでの抱え込み系カービングターン」のやり方を紹介しています。

これは主に、検定や基礎系の大会を目指している人に向けた内容です。
(検定や基礎系の大会の種目として「圧雪での抱え込み系ターン」が指定されている時があります。)

検定や基礎系の大会を目指していない人は、ここで紹介しているような「圧雪での抱え込み系ターン」をマスターする必要は全然ありません。
立ち上がり系ターンの方が活用頻度が高いので、そちらの練習に重点を置いた方が良いです。

しかし、抱え込み系ターンを練習せずに、抱え込み系の動作が有効な場面で抱え込み系の動作を使おうとしても上手く出来ないはずなので、興味のある人、滑走能力を高めたい人はたまに練習しておくと良いでしょう。

ただし、全ての雪面状況でまったく一緒の動き方をすれば良いわけではないので、勘違いしないようにしてください。
(ここで紹介している抱え込み系カービングターンも、圧雪バーンに特化した動きをしている部分があります。)

雪面状況(深雪、コブ、地形変化など)に合わせて、圧雪バーンで覚えた動作を応用する必要があります。

もちろん、圧雪バーンでの抱え込み系ターンでも技術力が上がればそれだけ応用できる幅も増えるので、練習に時間をかけても無駄になるわけではありません。

また、圧雪での抱え込み系ターンも、上達するとそれはそれで面白いので、トリックの一つだと思って練習してもらっても良いと思います。









>スノーボードの滑り方(抱え込み系ターン) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-