利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

角付けと体軸の関係

カービングターン(応用編)の記念すべき第1回目は、「知らないでいると永遠と苦労し続けてしまうけれども、理解出来れば今日から使える」練習不要のお得な知識を紹介します。

スノーボードを、雪面に対して斜めにすることを「角付け」といいます。

カービングターン中、この角付けをしたスノーボードの角度に対して、体軸は垂直が「基本」です。


しかし、いつでも垂直がベストかというと、違うんですね。


体軸をコントロールできていない間は「スノーボードに垂直な体軸」を作ることが目標となります。

しかし、「垂直な体軸」が作れるようになったら、体軸を適切に傾けることを狙っていきましょう。

体軸をコントロールしているつもりなのに不安定になることがある人は、体軸を垂直にしてはいけないタイミングで垂直にしてしまっているのかもしれません。


ということで、今回は角付け量と体軸の傾きの関係について説明していきます。

特に、バッジテストなどのような一発勝負で滑る機会のある方は必見の知識です。




体軸の傾きは遠心力とのバランス

結論から言ってしまうと、スノーボードの角度(角付けの量)と、体軸の角度は直接的には関係ありません。

ベストな体軸の傾き角度は、「遠心力に対して適切な角度」です。


角付け量が同じの場合、

○滑走速度が速い場合は遠心力が強く

○滑走速度が遅い場合は遠心力が弱い

です。

角付け量が同じでも、遠心力の強さが違うんですね。


そのため、


○遠心力が強い場合(スピードが速い場合)は、

垂直よりもターン内側に体軸が倒れている時が、バランスが良い場合があり

<体軸がスノーボードの垂直軸より倒れていてもバランスが取れる>



○遠心力が弱い場合(スピードが遅い場合)は、


垂直よりもターン外側に体軸が立っている時が、バランスが良い場合があります。

<体軸がスノーボードからの垂直軸より起きていないとバランスが取れない>


特に注意すべきは1ターン目

ここまで読んだ多くの方は「当たり前のこと」だと思うかもしれません。

しかし、この「当たり前」のことをカービングに活かせてない人はかなり多いです。

特に多いのが、滑り出しの1ターン目にターン内側に転倒しそうになるパターン。


滑り出しはスピードが乗っていないので、角付け量が多くても(スノーボードを沢山傾けても)、遠心力は弱いです。

しかし、遠心力の弱さを考慮せずに、1ターン目からスノーボードに対して垂直の体軸を作ろうとする人が結構います。

十分な加速が得られる場所であればバランスを崩すことなくターンして行きますが、加速が不十分であれば遠心力も足りずに、ターン内側に倒れていってしまいます。

そして、

「スノーボードに対して垂直の体軸を保っているつもりなのに、ターン内側に倒れそうになった。なんで?」

という疑問が生じてしまうのです。

加速が不十分な時の1ターン目は体軸を起こし気味に

1ターン目からガッツリとスノーボードを立てて(角付け量を大きくして)深いターンを描きたいと思っても、十分な加速を得られない状況なら、体軸は起こし気味にしておくことが正解です。

角付けは強く行いつつも、体軸は起こしておくことで安定したバランスで1ターン目を描けます。

もちろん、遠心力が弱い状況は1ターン目だけに限らないので、どんな時でも遠心力に応じて体軸の傾きをコントロールするのがベストです。


普段は体軸の傾きを抑え気味に滑ってる人でも、バッジテストのような緊張するシチュエーションで、気合いが入り過ぎで1ターン目から「どーん」と体軸を倒してしまってバランスを崩す人がいますので、注意しておきましょう。










>カービングターン(応用編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-