カービングターン(応用編):角付けと体軸の関係| スノボーのスー

角付けと体軸の関係

カービングターン(応用編)の記念すべき第1回目は、「知らないでいると永遠と苦労し続けてしまうけれども、理解出来れば今日から使える」練習不要のお得な知識を紹介します。

スノーボードを、雪面に対して斜めにすることを「角付け」といいます。

カービングターン中、この角付けをしたスノーボードの角度に対して、体軸は垂直が「基本」です。


しかし、いつでも垂直がベストかというと、違うんですね。


体軸をコントロールできていない間は「スノーボードに垂直な体軸」を作ることが目標となります。

しかし、「垂直な体軸」が作れるようになったら、体軸を適切に傾けることを狙っていきましょう。

体軸をコントロールしているつもりなのに不安定になることがある人は、体軸を垂直にしてはいけないタイミングで垂直にしてしまっているのかもしれません。


ということで、今回は角付け量と体軸の傾きの関係について説明していきます。

特に、バッジテストなどのような一発勝負で滑る機会のある方は必見の知識です。



このページの続きをご覧頂くには「スノボーのスー[SP]」へのログインが必要です。
ログイン方法はこちらからご確認ください。










>カービングターン(応用編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-