利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

膝を曲げる量とバランス

カービングターン(応用編)第3回。
前回に続き、膝を曲げる量とカービングターンの関係がテーマです。

基本的には、膝を曲げるほど重心が低くなるためバランスを取るのが簡単になります。

しかし、膝を伸ばした姿勢でのカービングターンは、バランスコントロールの自由度が高いという特性をもっています。

自由度が高い訳ですから、活用しない手はありませんよね?


ということで、今回は膝を曲げる量とバランスの取り方の関係について説明していきます。

膝を伸ばした場合のメリットを活用して、より楽で自由なカービングターンを目指しましょう。


膝を曲げた場合のデメリット

膝を曲げる量とバランスの関係は、主にバックサイドターンへの影響が大きいです。

とはいえ、

通常、フロントサイドターンに比べ、バックサイドターンの方がカービング能力が格段に低いので「バックサイドターンへの影響=ターン全体への影響」と考えてもらって良いかと思います。


まず、バックサイドターンの特性を整理しましょう。


膝を曲げた状態でバックサイドターンをすると、ターン内側にお尻が入りますね。

お尻がターン内側に入る分、下半身の重心はターン内側に偏っているため、上半身を起こして(リーンアウトして)バランスをとるのが普通です。

<お尻がターン内側に入る分、上半身を起こす>



膝を曲げる量が多いほど上半身をターンの外側に出しづらくなるため、より多く上半身を起こす必要があります。

<膝を深く曲げると、上半身を少し起こすぐらいでは全然足りない>



しかし、上半身を起こせる量は、太ももとおなかが触れる程度までが限界です。

そのため、もう少し体軸を起こしたいと思っても、それ以上起こせないという状態に陥ることがあります。

<上半身を起こす限界に達してしまい、これ以上起こせない>


体軸を起こし気味にしておきたい状況はかなり多いので、膝を曲げてのバックサイドターンは「体軸のコントロールに限界があり、自由度が低い」と言えます。


上半身をしっかり起こしている(リーンアウトをしっかりやっている)のに

「バックサイドターン中に倒れそうになる」
または
「次のフロントサイドターンに向けて身体を起こせない」

のは、これが原因となっている可能性があります。


膝を伸ばした場合のメリット

一方、膝を伸ばした状態でバックサイドターンをすると、ターン内側にお尻が入る量が少ないです。

この状態だと、ターン内側に下半身の重心があまり偏っていないため、バランスをとるために上半身を起こす量(リーンアウトする量)が少なくて済みます。

<上半身を少し起こすだけで、体軸がスノーボードに垂直になる>



膝を伸ばした姿勢の良いところは、上半身を起こせる量(リーンアウトできる量)に余裕があるため、体軸を起こし気味にしたければ、簡単に起こせることです。

<上半身をもう少し起こすだけで、体軸を起こせる>



そのため、膝を伸ばしてのバックサイドターンは「体軸のコントロールが簡単で、自由度が高い」と言えます。


前回の分とのまとめ

前回の解説と合わせてバックサイドターンについてまとめると、以下のようになります。


○膝を曲げた場合
角付け量を増やしづらい上に、必要な分まで体軸を起こせなくなる場合がある。
(深いターンがやりづらく、ターン内側に倒れやすい。)

○膝を伸ばした場合
角付け量を増やし易く、必要な分だけ体軸を起こすことが可能。
(より深いターンを目指すことができ、自由にバランスをコントロールできる。)


ということから、高いレベルのカービングターンをするには、膝の曲げ過ぎはよくない。

むしろ、膝を伸ばして角付けするテクニックを活用することで、高レベルのカービングターンに繋がることが分かるかと思います。










>カービングターン(応用編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-