利用者数No1!のスノーボードHowtoサイト

膝を曲げる量とターンの質

カービングターン(応用編)第2回です。


カービング初中級では膝を曲げることが難しく、ある程度膝をまげることが一つに目標になります。

また、沈み込み荷重をすると必然的に膝が曲がっていきます。

膝をしっかり曲げて低い姿勢をつくることで重心が低くなり、安定し易いというメリットがあります。

しかし、膝を曲げることによって発生するデメリットはどうでしょうか?

膝を伸ばして滑るメリットは無いのでしょうか?


ということで、今回は膝を曲げる量がカービングターンの質へ与える影響について説明していきます。

膝を伸ばして滑るメリットを理解し、利用することで、より高度なカービングターンが出来るようになりますよ。


膝を伸ばすと角付けが強くできる

膝を伸ばしてカービングターンをした場合の一番のメリットは、「角付け量と体軸を倒す限界が広がり、より深いターンがしやすくなる」という効果が上げられます。

まず、フロントサイドターンでの影響について説明します。

膝を曲げた姿勢で、フロントサイドターンで体軸をターン内側に倒しいくと、ターン後半にかけて後ろ膝(レギュラーの場合、右膝)が雪面に当たってしまうことがあります。

<雪面に膝が当たる>


これ以上、体軸が倒せない限界状態です。

そのため、このままではこれ以上深いターンを描くことはできません。


では、膝を伸ばして同じだけ体軸を倒すとどうでしょうか。

<上図と同じ体軸の傾きで、膝を伸ばしてみる>


膝と雪面の間に空間ができるので、体軸を倒す限界も広がります。

体軸を倒す限界が広がるので、より深いターンを目指せることがわかると思います。

<膝を曲げた時よりも深く体軸を倒すことが可能>


バックサイドターンは特に影響を受ける

バックサイドターンへの影響はもっと顕著です。


1つ目の影響は、膝を曲げて行くと角付けが弱まりやすい(スノーボードの角度が寝ていきやすい)ことが上げられます。

これは、ある程度のレベルでカービングができる方なら簡単に実験出来ますので、以下の2つを試してみてください。


(1)膝を曲げた状態で、できるだけ角付け量を増やして(できるだけスノーボードを立てて)カービングターン



(2)膝を伸ばした状態で、できるだけ角付け量を増やして(できるだけスノーボードを立てて)カービングターン



上図からも、膝が曲がっていた方が角付けがしずらそうなことがイメージ出来るかと思いますが、

実際に試してみれば、膝を伸ばしていた方が角付けがしやすいことが簡単にわかります。


2つ目の影響は、膝を曲げるとハイバックを利用出来なくなることです。

膝を曲げると、ふくらはぎでハイバックを押す(ハイバックを倒してスノーボードを傾ける)ことが難しくなります。

そもそも、ハイバックは「バックサイドターンは角付けが難しいという弱点」を補うためにあるものですが、その利点を活用出来ないのは非常に不利です。


強く角付けして深いターンをするには膝を伸ばすのが有効

これらのことから、「強く角付けして深く体軸を倒した深いターン弧のカービングターン」を目指して行くと、膝を伸ばした方が有利であることがわかるかと思います。










>カービングターン(応用編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-