カービングターン(応用編):膝を曲げる量とカービングターンの質の関係| スノボーのスー

膝を曲げる量とターンの質

カービングターン(応用編)第2回です。


カービング初中級では膝を曲げることが難しく、ある程度膝をまげることが一つに目標になります。

また、沈み込み荷重をすると必然的に膝が曲がっていきます。

膝をしっかり曲げて低い姿勢をつくることで重心が低くなり、安定し易いというメリットがあります。

しかし、膝を曲げることによって発生するデメリットはどうでしょうか?

膝を伸ばして滑るメリットは無いのでしょうか?


ということで、今回は膝を曲げる量がカービングターンの質へ与える影響について説明していきます。

膝を伸ばして滑るメリットを理解し、利用することで、より高度なカービングターンが出来るようになりますよ。



このページの続きをご覧頂くには「スノボーのスー[SP]」へのログインが必要です。
ログイン方法はこちらからご確認ください。










>カービングターン(応用編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-