スノーボードでカービングターン(応用編)index| スノボーのスー

カービングターン(応用編)

滑り方の他のページでは、基本に添って最重要項目を解説をしています。

練習の手順としては間違いなく最短スピードで上達して行きますが、ポイントを絞っているため応用力に欠けた状態で上達しがちです。

そこで、

ここでは、応用的・実践的な知識や技術についてコラム形式で解説していきます。

全てをご覧頂くには、「スノボーのスー[sp]」へログインして頂く必要があります。


スノボーのスー[sp]」は有料ですが、触りの部分は無料でお読み頂けますので、まずは興味の湧くコンテンツかどうかご確認した上で購入をご検討ください。

ただし、

解説内容を知らずに練習し続けるのは本当に時間のムダになってしまいますので、気になるコンテンツが1つでもあったら、購入して頂くことを強くオススメ致します。

INDEX 目次

角付けと体軸の関係
カービングターン中、体軸はスノーボードの傾きに垂直が基本ですが、いつでも垂直がベストというワケではありません。
垂直でない方がよいタイミングを理解できれば、より安定したバランスで滑ることが出来るようになります。


膝を曲げる量とカービングターンの質の関係
膝を曲げる量がカービングターンの質に与える影響について説明します。
膝を伸ばして滑るメリットを理解し、利用することで、より高度なカービングターンが出来るようになります。


膝を曲げる量とバランスの関係
膝を伸ばした姿勢でカービングターンをすると、膝を曲げた状態とは違った質のターンを描くことができます。
膝を伸ばした場合のメリットを活用して、より楽で自由なカービングターンを目指しましょう。


雪面が荒れている時の滑り方
荒れた雪面を楽に滑る方法を紹介します。
カービングターンは出来るけど、荒れた雪面だと上手く出来ないって人は「荒れた雪面の滑り方を知らないだけ」の可能性が高いです。


雪面が荒れている時の滑り方2
ここでは、雪面の荒れ方が酷い時(ギャップの大きさが大きい時)の滑り方を紹介します。
滑走イメージを変えることで、大きなギャップのある斜面も上手く滑れるようになります。


片斜面の滑り方
ここでは、歪んだ斜面でのカービングの基本となる「片斜面」の滑り方を紹介します。
雪面が歪んでいないコースはほとんど無いので、必ず使うことになるテクニックです。
歪んだ斜面でのカービングターンが、格段と簡単になります。









>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-