スノーボードの滑り方:ターン(基礎) | スノボーのスー

ターン(基礎)

スノーボードの滑り方(初心者編)、その5。
今回のテーマは単体でのターンです。

ここからは両足ともスノーボードに付けて練習します。

ワンフットでは真っ直ぐから横を向くまでの曲がり方でしたが、ここでは横から真っ直ぐになって、横を向くまでの練習をします。

準備

緩い斜面が長く続いている斜面で練習しましょう。
リフトに乗って初心者コースにいってもかまいません。
10°弱ぐらいの斜面が丁度いいと思います。

1. フロントサイドターン(右曲がり)

<フロントサイドターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

フロントサイドターンの説明をします。

<進行方向とスノーボードの動き>


1)おなかを谷側(低い方)に向けた状態で、斜面に対してスノーボードを真横にして基本姿勢になる
目線をノーズ方向に向け、基本姿勢になります。
つま先を引き上げて、ヒールエッジに体重をかけている以外は基本姿勢と全く同じです。



2)つま先を下ろしながら、左肩を右にまわす
つま先を下ろすのも、左肩をまわすのもゆっくりやってください。
早く動くと上手く行きません。
目線は左肩の向きを追いかけるように回していきます。
目線が左肩の向きを追い越して左肩よりも先に右に回ってしまうと、うまく曲がれなくなるので注意してください。
タイミングが合えば、スノーボードが回り始めます。



3)引き続き、つま先を下ろしながら、左肩を右にまわす
まだ、ゆっきりとつま先を下ろしながら、左肩をまわします。
急がないように注意してください。



4)まだまだ、つま先を下ろしながら、左肩を右にまわす
ここまでくれば、惰性で回っていくのであとは簡単です。
ほとんどつま先は上がっていませんが、下ろしきるのはまだ早いです。
つま先がちょっとだけ上がってます。



5)スノーボードが真っ直ぐになったら基本姿勢になる
スノーボードが真っ直ぐになったのを確認して、基本姿勢になります。
ここで初めてつま先を下ろしきります。
スピードが付いてくると、右足に体重がかかりやすくなりますので気をつけください。
両足均等を意識するか、左足に体重をかけるぐらいの気持ちで行くと上手くいきます。



6)そのままフロントサイドターンする
基本姿勢が出来ていることを確認してから、そのままフロントサイドターンをします。
(ここで基本姿勢ができていないと上手くいきません)
ワンフットでのフロントサイドターンと一緒です。
両足付いてるので、ワンフットより簡単にできますので安心してください。





ポイント!
スノーボードが真っ直ぐになるまではゆっくり動く
速く動こうとすると、スムーズにスノーボードが回っていきません。

スノーボードが真っ直ぐになるまでつま先を下ろしきらない
早い段階でつま先を下ろしてしまうと、ひっかかったり、バランスを崩す原因になります。

基本姿勢になってから曲がり始める
基本姿勢ができていない状態で無理に曲がろうとするとバランスを崩す原因になります。
両足バインディングが付いていて安定しやすいので、基本姿勢ができていなくてもターンが出来ることもありますが、基本姿勢を無視して練習していくとこの後の上達が遅くなります。

目線は遠くにする(足下を見ない)
近くをみるとバランスを崩す原因になります。

目線は左肩の回転を追いかけるように回す(目線が先に行かないように)
目線が左肩の回転より先に回ってしまうと、回転力が付きづらく、うまくターンできなくなります。

注意
全身の力を抜きすぎない
全身の力が抜けすぎていると、肩の動きが下半身に伝わらずなかなかスノーボードが動きません。
上半身だけ回ってしまう場合は左半身(腹筋、左太もも、左脇)に力を入れて体がねじれないように(肩の動きが下半身に伝わるようなイメージで)やってみてください。

プラスα
2)でスノーボードがうまく動かない場合
2)が上手く行かない場合は以下の2つを試してください。

a. 少しサイドスリップをしてから回す
少しサイドスリップをしてから左肩を回すとやりやすいです。
ただし、左肩よりも先に目線が回りやすいので注意してください。
<この体勢のまま、少しサイドスリップ>

b. 重心の位置をズラして、膝を使う
まず、左足に体重を多めにかけます。
次につま先を下ろしながら、左肩と左膝を右にまわしてください。
(左膝が内股になるように)
やることが増えて、混乱しやすいのですが、上手くできればこちらの方が簡単に回ります。


2. バックサイドターン(左曲がり)

<バックサイドターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

バックサイドターンの説明をします。

<進行方向とスノーボードの動き>


1)おなかを山側(高い方)に向けた状態で、斜面に対してスノーボードを真横にして基本姿勢になる
目線をノーズ方向に向け、基本姿勢になります。
ブーツのタンをスネで潰してトゥエッジに体重をかけている以外は、基本姿勢と全く同じです。



2)ブーツのタンを潰している力を抜きながら、左の方を見ていく
スネの力を抜くのも、左の方を見ていくのもゆっくりやってください。
早く動くと上手く行きません。
タイミングが合えば、スノーボードが回り始めます。



3)引き続き、ブーツのタンを潰している力を抜きながら、左の方を見ていく
まだ、ゆっくりとブーツのタンを潰す力を抜きながら、左の方を見ていきます。
急がないように注意してください。




4)まだまだ、ブーツのタンを潰している力を抜きながら、左の方を見ていく
ここまでくれば、惰性で回っていくのであとは簡単です。
ほとんどブーツのタンを潰す力は入っていませんが、力を抜ききるのはまだ早いです。
カカト側がちょっとだけ上がってます。



5)スノーボードが真っ直ぐになったら基本姿勢になる
スノーボードが真っ直ぐになったのを確認して、基本姿勢になります。
ここで初めてカカトを下ろしきります。
スピードが付いてくると、右足に体重がかかりやすくなりますので気をつけください。
両足均等を意識するか、左足に体重をかけるぐらいの気持ちで行くと上手くいきます。



6)そのままバックサイドターンする
基本姿勢が出来ていることを確認してから、そのままバックサイドターンをします。
(ここで基本姿勢ができていないと上手くいきません)
ワンフットでのバックサイドターンと一緒です。
両足付いてるので、ワンフットより簡単にできますので安心してください。





ポイント!
スノーボードが真っ直ぐになるまではゆっくり動く
速く動こうとすると、スムーズにスノーボードが回っていきません。

スノーボードが真っ直ぐになるまでブーツのタンを潰す力を抜ききらない
早い段階で力を抜ききってしまうと、ひっかかったり、バランスを崩す原因になります。

基本姿勢になってから曲がり始める
基本姿勢ができていない状態で無理に曲がろうとするとバランスを崩す原因になります。
両足バインディングが付いていて安定しやすいので、基本姿勢ができていなくてもターンが出来ることもありますが、基本姿勢を無視して練習していくとこの後の上達が遅くなります。

目線は遠くにする(足下を見ない)
近くをみるとバランスを崩す原因になります。

目線をしっかり左に回していく
目線の動きが止まってしまうと、うまくターンできなくなります。

注意
全身の力を抜きすぎない
全身の力が抜けすぎていると、上半身の動が下半身に伝わらずなかなかスノーボードが動きません。
上半身だけ回ってしまう場合は左半身(腹筋、左太もも、左脇)に力を入れて体がねじれないように(肩の動きが下半身に伝わるようなイメージで)やってみてください。

プラスα
2)でスノーボードがうまく動かない場合
2)が上手く行かない場合は以下の2つを試してください。

a. 少しサイドスリップをしてからまわす
少しサイドスリップをしてから目線を回すとやりやすいです。
<この体勢のまま、少しサイドスリップ>


b. 重心の位置をズラして、膝を使う
まず、左足に体重を多めにかけます。
次にブーツのタンを潰す力を抜きながら、目線と左膝を左にまわしてください。
(左膝を開くように)
やることが増えて、混乱しやすいのですが、上手くできればこちらの方が簡単に回ります。


もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

ワンフットを初めに練習する理由
ワンフットでターンするより、両足付けてターンした方が簡単です。
では、なぜ始めにワンフットで練習するのか?

1)リフトの乗り降りに必要だから
これは、説明する必要ないですね。

2)両足のバインディングを付けてしまうと、練習しづらいから
両足のバインディングを付けてしまうと、斜面に対してスノーボードを真っ直ぐにすることができません。滑っちゃいます。

3)上達が早いから
ワンフットでターンの練習をした方が上達が早いです。
両足付けて練習すると、力で無理矢理スノーボードを操作することができます。
しかし、それでは上手く曲がれませんし、非常に疲れます。
しかも、上手く曲がれないほど力が入ってしまうという悪循環におちいります。

その点、ワンフットで練習すると無理矢理スノーボードを操作するのが難しく、効率良く動かないと曲がれません。
そのため、ワンフットで練習した方が癖の無い、効率の良い体の動かし方を身につけやすく、上達が早くなるのです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-