スノーボードの滑り方:急ブレーキ(停止) | スノボーのスー

急ブレーキ(停止)のやり方

スノーボードの滑り方(初心者編)、その7。
今回のテーマは急ブレーキ(停止)です。

通常のブレーキ(減速)と便宜上わけていますが、どちらでも減速できますし、停止も出来ます。

こちらの方が難易度が高いですが、出来るようになれば安定した状態で急減速できるようになります。
(おまけに、こっちの方がかっこ良く止まれます。(笑))

覚えなくても上達のさまたげになる訳ではないので、気が向いたときに練習してください。

準備

【ベース技術】
この技術を覚えるには、以下の技術をマスターしておく必要があります。
ブレーキ(減速)

1. トゥエッジで急ブレーキ

<トゥエッジで急ブレーキ>

(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


1)基本姿勢で直滑降する
基本姿勢で直滑降します。
ターンと同じで、基本姿勢が出来てないと上手くブレーキできません。



2)スネでブーツのタンを潰しながら、右足を進行方向(自分の背中側)へ伸ばし、同時に右手・右肩を前に押し出す
目線は進行方向に向けたまま、上半身は1)の基本姿勢のときと同じ向きのままです。
すると、徐々にスノーボードだけが右に向いていきます。

写真ではちょっと手抜き(というか、撮影時に間違ってより難しい動きをしてしまったの)で、上半身が右に回っちゃってます。が、3)以降が急ブレーキの動きなので、写真の姿勢はあまり気にしないでください。


3)しゃがんでスノーボードに体重を乗せながら、スネでブーツのタンを潰しながら右足を進行方向(後ろ)へ伸ばし、右手・右肩を前に押し出す
スノーボードが回り始めたら、しゃがんで行きながらスノーボード(のトゥエッジ)に体重を乗せていきます。
また、スノーボードが右に向いていく分、上半身と下半身がねじれていきます。



4)スノーボードが横になったら、右足を後ろに伸ばすのをやめる
しゃがんでスノーボードに体重を乗せる動きと、ブーツのタンを潰す動きはし続けます。
上半身が右に回っていかないように、右手・右肩を前にしっかり出してください。



5)急減速する
スノーボードにしっかり体重が乗れば、急減速します。



6)止まる


ポイント!
目線を進行方向に向けたまま、上半身は1)の基本姿勢の向きのままにする
目線の向き、上半身の向きが動いてしまうと、真っ直ぐ進めなくなります。

右肩・右手を前に押し出す
かなり体がひねられるので、右手・右肩を前に押し出して上半身が右に回るのを抑えます。
余裕がある人は、同時に左手・左肩を後ろに引いてください。
右手・右肩だけで上半身の回転を抑えるよりも、抑えやすくなります。

しっかりとしゃがむ
しゃがむのは、スノーボードに体重をかけることだけが目的ではありません。
急減速するときにバランスを取りやすい姿勢になる目的もあります。
姿勢が高くなると急減速の動きに対応しづらくなるので、しっかりしゃがんでください。

2. ヒールエッジでブレーキ

<ヒールエッジで急ブレーキ>

(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


1)基本姿勢で直滑降する
基本姿勢で直滑降します。
ターンと同じで、基本姿勢が出来てないと上手くブレーキできません。



2)つま先を引き上げながら、右足を進行方向(自分のおなか側)へ押し出し、同時に右手・右肩を後ろに引いていく
膝が伸びないように押し出してください。
目線は進行方向に向けたまま、上半身は1)の基本姿勢のときと同じ向きのままです。
すると、徐々にスノーボードだけが左に向いていきます。

写真ではちょっと手抜き(というか、撮影時に間違ってより難しい動きをしてしまったの)で、上半身が左に回っちゃってます。が、3)以降が急ブレーキの動きなので、写真の姿勢はあまり気にしないでください。


3)しゃがんでスノーボードに体重を乗せながら、つま先を引き上げながら、右足を進行方向(自分のおなか側)へ押し出し、右手・右肩を後ろに引いていく
スノーボードが回り始めたら、しゃがんで行きながらスノーボード(のヒールエッジ)に体重を乗せていきます。
スノーボードが左に向いてる分、上半身と下半身がねじれていきます。



4)スノーボードが横になったら、右足を押し出すのをやめる
しゃがんでスノーボードに体重を乗せる動きと、つま先を引き上げる動きはし続けます。
上半身が左に回っていかないように、右手・右肩を後ろにしっかり引いてください。



5)急減速する
スノーボードにしっかり体重が乗れば、急減速します。



6)止まる


ポイント!
目線を進行方向に向けたまま、上半身は1)の基本姿勢の向きのままにする
目線の向き、上半身の向きが動いてしまうと、真っ直ぐ進めなくなります。

右肩・右手を後ろに引く
上半身が進行方向に開きやすいので、右手・右肩を後ろに引いて上半身が左に回るのを抑えます。
余裕がある人は、同時に左手・左肩を右に回すように押し出してください。
右手・右肩だけで上半身の開きを抑えるよりも、抑えやすくなります。

しっかりとしゃがむ
しゃがむのは、スノーボードに体重をかけることだけが目的ではありません。
急減速するときにバランスを取りやすい姿勢になる目的もあります。
姿勢が高くなると急減速の動きに対応しづらくなるので、しっかりしゃがんでください。

もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

2)のいいわけ
それぞれの急ブレーキで、2)のあたりでスノーボードを回す方向に上半身を向けていて、説明文と合っていません。
これは、うっかりいつも使っている動きで撮影してしまったからです。

一応解説しますと、スノーボードが回転するきっかけを作って、そこから急ブレーキに入っています。
こうすることで、より楽に急ブレーキの姿勢に入ることができます。

ですが。
クセみたいなものなのであまり気にしないでください。

ホント、すいません。。。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-