スノーボードの滑り方:サイドスリップ | スノボーのスー

サイドスリップ(基礎)

スノーボードの滑り方(初心者編)、その2。
今回のテーマはサイドスリップ(基礎)です。

サイドスリップとは、斜面に対してスノーボードを横にしたまま滑り降りるテクニックです。
「横滑り」とも呼ばれてます。

これが出来るようになると、急な斜面に出くわしても安全に降りることが出来ます。

ターン中の足首の使い方の練習にもなるので、出来るようになっておきましょう。

準備

斜度が15〜20度ぐらいの斜面を見つけて練習します。
斜度が緩いと難しいです。

<これぐらいの斜面がベスト!>


斜面が歪んでいても練習しづらいので、あまり歪んでいない斜面を選びましょう。

体重のかけ方をしっかり練習しておくとスムーズに上達できます。

10mぐらい歩いて上って、両足にバインディングを付けて下さい。

1. ヒールエッジでのサイドスリップ

<ヒールエッジでサイドスリップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

ヒールエッジでやるサイドスリップのやり方を説明します。
(ヒールエッジとはかかと側のエッジのことです。)

バックサイドターン時の、足首の使い方の練習にもなります。

<進行方向とスノーボードの動き>


1)谷側(低い方)を見て、スノーボードを真横にしたまま立ち上がり、体勢を整える
スノーボードを付けたら、谷側(低い方)を向いて、斜面に対してスノーボードを真横にして立ち上がってください。
つま先を引き上げて、ヒールエッジが雪面に引っかかるようして立ち上がります。
雪が固くて滑ってしまうときは、エッジを雪面にガツガツ当てて雪面を掘ると、立ちやすくなります。

お尻が持ち上がらない場合は、右手(グーフィーの人は左手)で、スノーボードのトゥエッジ側をつかむようにして立ち上がってみましょう。

立ち上がったら以下のようにして体勢を整えます。
●目線を遠くにする(進む方向の遠くを見る)
●膝を軽く曲げる
●両手は軽く広げる
●両足均等に体重をかける

長く立っていられない時は、すぐに2)へ進んじゃってください。



2)引き上げているつま先をゆっくり少しずつ下ろす
少しずつつま先を下ろしていく(つま先の力を抜いていく)と、あるときスノーボードが滑り始めます。
滑り始めたらそこをキープしてください。

つま先をもっと下ろすと加速します。
(つま先を下げすぎると、トゥエッジが雪に引っかかって転ぶので注意!)

<わかりづらいですが、つま先が少し下がってます>



3)しばらく滑る




4)つま先をゆっくり引き上げて減速する
つま先をゆっくり引き上げると減速します。
やり方は、体重のかけ方で練習したカカト側に体重をかけるやり方と同じです。
膝が伸びないように注意してください。



5)止まる
止まるときにバランスを崩す人が多いです。
上手く出来ないときは胸とおなかをへこませて猫背になるとバランスがとりやすくなります。
でっかいボール(直径1mぐらい)を抱えているようなイメージでやってみてください。


ポイント!
目線は常に遠くする
目線が近くなるとバランスを崩しやすくなります。

両足均等に体重をかける
どちらかの足に偏ると、真っ直ぐ進みません。

つま先はゆっくり下ろす
一気に降ろすと引っかかりやすいです。
そーっと降ろしてください。

膝が伸びないようにつま先を引き上げる
膝が伸びるとバランスを崩しやすくなります。

2. トゥエッジでのサイドスリップ

<トゥエッジでサイドスリップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

トゥエッジでやるサイドスリップのやり方を説明します。
(トゥエッジとはつま先側のエッジのことです。)

フロントサイドターン時の、足首の使い方の練習にもなります。

<進行方向とスノーボードの動き>



1)山側(高い方)を見て、スノーボードを真横にしたまま立ち上がり、体勢を整える
スノーボードを付けたら、山側(高い方)を向いて、斜面に対してスノーボードを真横にして立ち上がってください。
スネでブーツのタンを潰して、トゥエッジが雪面に引っかかるようして立ち上がります。

立ち上がったら以下のようにして体勢を整えます。
●目線を遠くにする(山の方の遠くを見る)
●膝を軽く曲げる
●両手は軽く広げる
●両足均等に体重をかける

長く立っていられない時は、すぐに2)へ進んじゃってください。



2)ブーツのタンを潰している力をゆっくり緩める
少しずつつスネの力を抜いていくと、あるときスノーボードが滑り始めます。
滑り始めたらそこをキープしてください。

スネの力をもっと抜くと加速します。
(力を抜きすぎると、ヒールエッジが雪面に引っかかって転ぶので注意!)

<わかりづらいですが、カカトが少し下がってます>



3)しばらく滑る




4)ブーツのタンをゆっくり潰して減速する
ブーツのタンを潰すと減速します。
やり方は、体重のかけ方で練習したつま先側に体重をかけるやり方と同じです。
つま先立ちしないように注意してください。



5)止まる
止まります。


ポイント!
目線は常に遠くする
目線が近くなるとバランスを崩しやすくなります。

両足均等に体重をかける
どちらかの足に偏ると、真っ直ぐ進みません。

スネの力はゆっくりゆるめる
一気に緩めると引っかかりやすいです。

つま先立ちしないようにする
焦るとつま先立ちしようとしてしまう人がいますが、つま先立ちしようとするとバランスを崩しやすくなる上に、ブーツの中で足がコスレて痛めやすいです。

注意!
進行方向を確認!
見えない方向に滑るので、こまめに人や障害物が無いか確認しながら練習してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-