スノーボードの滑り方:連続ターン | スノボーのスー

連続ターン

スノーボードの滑り方(初心者編)、その8。
今回のテーマは連続ターンです。

単体でのターンのやり方は「ターン(基礎)」のページの通りです。
フロントサイドターン→バックサイドターン→フロントサイドターン・・・の繰り返しが連続ターンです。

これができるようになれば、しばらくの間は滑り込むだけです。

<連続ターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

緩い斜面が長く続いている斜面で練習しましょう。
リフトに乗って初心者コースにいってもかまいません。
10度弱ぐらいの斜面が丁度いいと思います。

やり方

1)斜面に対してスノーボードを横にして、基本姿勢になる
目線をノーズ方向に向け、基本姿勢になります。
ここではフロントサイドターンから滑り出してますが、バックサイドターンから初めてもOKです。



2)フロントサイドターンをする





3)斜面に対してスノーボードが横になったら、基本姿勢
ここがポイントです。
一つのターンが終わったら基本姿勢に戻します。
基本姿勢が崩れたまま次のターンに行こうとしても上手く行きません。



4)バックサイドターンをする
基本姿勢が出来ていることを確認したら、次のターンに入ります。





5)斜面に対してスノーボードが横になったら、基本姿勢になって次のターンへ
基本姿勢が出来ていることを確認してから次のターンに入ります。



ポイント!
繰り返していくうちに、連続して出来るようになりますが、効率的に上達するために注意すべき点を紹介します。

一つのターンが終わる度に基本姿勢を確認する
なれてくると、ターン始めの基本姿勢がおろそかになってきます。
次のターンに入る前に基本姿勢ができているか確認しましょう。
基本姿勢が出来ていたら次のターンに入っても問題ないです。
基本姿勢がおろそかのまま次のターンに入るとバランスが崩れやすいです。

目線を大事に
なれてくると、目線がおろそかになります。
常に進む方向に目を向け、足下を見ないようにしましょう。

スピードが上がってきたら、左足に体重をかけるようにする
両足均等に体重をかけるのが基本なのですが、スピードが上がると体が遅れていってしまいます。
体が遅れると、スノーボードの操作が全く出来なくなってしまいます。
左足に体重をかけるぐらいの気持ちで行きましょう。
また、左足に体重をかけておくとスノーボードの操作が楽になるという利点もあります。

スピードが上がってきたらブレーキ
スピードが速くなりすぎたと思ったら、ブレーキをかけてスピードを調節しましょう。

ブレーキの動きとターンの動きを使いわける
スノーボードの操作に慣れてくると、丁寧にターンするよりブレーキをかける要領でスノーボードを操作して曲がった方が楽に感じてきます。
しかし、ブレーキをかける要領で曲がるクセがついてしまうと上達が遅くなります。
なので、ブレーキみたいな動きにならないように意識してターンの練習してください。

もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

左足に体重をかけるとスノーボードの操作が楽になる理由
初級レベルでは、左足を軸に、右足を動かしてスノーボードを操作する動きが基本になります。
左足がコンパスの針、右足がコンパスの鉛筆と考えるとわかりやすいでしょうか。

そのため、右足体重ですとスノーボードが操作できなくなり、左足体重ですとスノーボードの操作が軽くなるのです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-