スノーボードの滑り方:ワンフットターン | スノボーのスー

ワンフットでターン(ワンフットでの曲がり方)

スノーボードの滑り方(初心者編)、その1。
今回のテーマはワンフットでのターンです。
ここでは、スノーボードでの曲がり方と練習方法を説明します。
リフトの乗り降りにも使うので、まずワンフットでのターンのやり方を覚えましょう。

準備

ワンフット直滑降を練習した場所で引き続き練習します。
ワンフット直滑降と同様に、最後に斜度がなくなる斜面が練習しやすいです。

1. フロントサイドターン(右曲がり)

<フロントサイドターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

フロントサイドターンのやり方を説明します。
フロントサイドターンとは、自分の体のおなか側に曲がる(自分の体のフロントサイドに曲がる)ことです。
なので、レギュラーでは右に曲がるのがフロントサイドターンです。

(グーフィーや、レギュラーのスイッチでは左に曲がるのがフロントサイドターンです。)

<進行方向とスノーボードの動き>
ワンフットターン1

1)ワンフット直滑降をする
ワンフット直滑降と同じように、直滑降します。
しっかり基本姿勢になってください。
基本姿勢が上手く出来ていないとターンが難しくなります。
ワンフットターン2ワンフットターン3
ワンフットターン4ワンフットターン5
ワンフットターン6ワンフットターン7


2)スネでブーツのタンを潰しながら左肩を右へゆっくりまわす
基本姿勢がしっかりできていることを確認してから、スネでブーツのタンを潰して、つま先に体重をかけていきます。
体重のかけ方で練習したつま先側へ体重をかけるやり方です。
合わせて、左肩を曲がる方向へゆっくりまわしていきます。
目線も曲がる方向へゆっくりまわしていきますが、目線だけ先に行かないように気をつけてください。
ワンフットターン8ワンフットターン9
ワンフットターン10ワンフットターン11


3)まだ、ブーツのタンを潰しながら左肩を右へまわす
目線が下がりやすいので注意してください。
左肩が向いている方向を追いかけるように、遠くを見ながら目線を回してください。
足下を見てしまうと、バランスを崩しやすくなります。
ワンフットターン12ワンフットターン13


4)まだまだ、ブーツのタンを潰しながら左肩を右へまわす
ワンフットターン14ワンフットターン15


5)スノーボードが横を向いたら基本姿勢になる
スノーボードが横を向いたら、それ以上曲がる必要はありません。
スネでブーツのタンを潰すのを緩めて、左肩を回すのをやめ、基本姿勢になって横に進んでください。
ワンフットターン16ワンフットターン17


4)止まる
斜度がなくなる場所では、勝手に止まります。
勝手に止まらないときは、右足を下ろしてとまります。
ワンフットターン18ワンフットターン19

ポイント!
基本姿勢ができてから曲がり始める
基本姿勢が出来ていない状態から曲がろうとしても上手く行きません。

左肩の向きを追いかけるように、遠くを見ながら目線をまわす
左肩の回転よりも目線(顔)が先に回ってしまうと、上手く曲がれません。
また、目線が近くなったり、足下を見てしまうとバランスを崩す原因になります。

注意
全身の力を抜きすぎない
全身の力が抜けすぎていると、肩の動きが下半身に伝わらずなかなか曲がりません。
上半身だけ回ってしまう場合は左半身(腹筋、左太もも、左脇)に力を入れて体がねじれないように(肩の動きが下半身に伝わるようなイメージで)やってみてください。

つま先立ちしない
つま先立ちしてしまうと転びやすくなります。
つま先立ちするとブーツが脱げそうな感覚になるので、ブーツが脱げそうと感じた場合は体重のかけ方を確認しましょう。

2.バックサイドターン(左曲がり)

<バックサイドターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

バックサイドターンのやり方を説明します。
バックサイドターンとは、自分の体の背中側に曲がる(自分の体のバックサイドに曲がる)ことです。
なので、レギュラーでは左に曲がるのがバックサイドターンです。

(グーフィーや、レギュラーのスイッチでは右に曲がるのがバックサイドターンです。)

<進行方向とスノーボードの動き>
ワンフットターン20

1)ワンフット直滑降をする
ワンフット直滑降と同じように、直滑降します。
フロントサイドターンと同様に、しっかりと基本姿勢になって下さい。
基本姿勢が上手く出来ていないとターンが難しくなります。
ワンフットターン21ワンフットターン22
ワンフットターン23ワンフットターン24
ワンフットターン25ワンフットターン26


2)つま先を引き上げながら左をゆっくり見て行く
基本姿勢がしっかりできていることを確認してから、つま先を引き上げて、カカトに体重をかけていきます。
体重のかけ方で練習したカカト側へ体重をかけるやり方です。
合わせて、目線(顔)を左へゆっくりまわしていきます。
ワンフットターン27ワンフットターン28
ワンフットターン29ワンフットターン30


3)まだ、つま先を引き上げながら左を見て行く
膝が伸びてしまいやすいですが、膝は曲げたままにしておくように意識してください。
膝が伸びるとバランスを崩しやすくなります。
また、目線が近くなることもバランスが崩す原因になるので、左方向の遠くを見るようにしてください。
ワンフットターン31ワンフットターン32


4)まだまだ、つま先を引き上げながら左を見て行く
ワンフットターン33ワンフットターン34


5)スノーボードが横を向いたら基本姿勢になる
スノーボードが横を向いたら、それ以上曲がる必要はありません。
つま先を引き上げる力を緩めて、目線を回すのをやめ、基本姿勢になって横に進んでください。
ワンフットターン35ワンフットターン36


6)止まる
斜度がなくなる場所を選べば、勝手に止まります。
勝手に止まらないときは、右足を下ろしてとまります。
ワンフットターン37ワンフットターン38

ポイント!
基本姿勢ができてから曲がり始める
基本姿勢が出来ていない状態から曲がろうとしても上手く行きません。

しっかり左を見ていく
バックサイドターンの場合、目線(顔)が回っていかないとスムーズにターンできません。
しっかり左(の遠く)を見に行くようにして下さい。

注意
全身の力を抜きすぎない
全身の力が抜けすぎていると、肩の動きが下半身に伝わらずなかなか曲がりません。
上半身だけ回ってしまう場合は左半身(腹筋、左太もも、左脇)に力を入れて体がねじれないように(肩の動きが下半身に伝わるようなイメージで)やってみてください。

膝が伸びないように
膝が伸びてしまうと転びやすくなります。

あごが上がらないように
曲がる方向を見るときに、あごが上がってしまう時があります
あごが上がると上手く曲がらないので、気をつけてください。
イメージとしては「背中側から誰かに呼ばれたときに振り向く感覚」と同じです。
上手く出来ないときは、何か目標となる目印(建物とか、柱とか)を決めて、それを見にいくようにすると上手くいきやすいです。

もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

頭から曲がる
スノーボードは、頭から、肩、腰、膝、スノーボード(板)という順番で回っていくと効率良く曲がれます。
そのため、目線や肩をまわすのが重要になる訳です。
なのですが、スノーボードは横乗りなので左右対称ではありません。

基本姿勢の時点で、顔は左を向いています。
ここから右を向いても首から上だけ回ってしまいます。
そのため、フロントサイドターンでは、顔よりも先に肩をまわします。

逆に、基本姿勢からもっと顔を左に向けることは窮屈です。
これ以上左を見ようとすると、自然に肩も左に回るので、バックサイドターンでは目線だけ意識して回していけば良いのです。

見てる方向に曲がる
ワンフットに限らず、スノーボードは見てる方向に曲がり、進みやすいです。
下を見れば転びやすいです。
木にぶつかりそうになって、避けようとしたのにそのまま突っ込んだ。なんて話もよく聞きます。
木をみていたから、木の方向に進んだわけですね。

上達すれば目線に関係なく滑ることは可能ですが、目線が上手く出来てないときに比べると安定感がかなり落ちます。

ですので、どんなときでも目線はとても重要です。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-