スノーボードの滑り方:木の葉落とし | スノボーのスー

木の葉落とし

スノーボードの滑り方(初心者編)、その3。
今回のテーマは木の葉落としです。

木の葉落としとは、サイドスリップ中に左右に移動するテクニックです。

これが出来るようになると、スキー場のほとんどのコースを滑れるようになります。
よく使うので、マスターしてください。

準備

サイドスリップ(基礎)と同じく、斜度が15〜20度ぐらいの斜面を見つけて練習します。

斜度が緩いと難しいです。
斜面が歪んでいても練習しづらいので、あまり歪んでいない斜面を選びましょう。

1. ヒールエッジでの木の葉落とし

<ヒールエッジでの木の葉落とし>

(ライダー:鈴木 卓郎

ヒールエッジでやる木の葉落としのやり方を説明します。

<進行方向とスノーボードの動き>


1)ヒールエッジでサイドスリップする
木の葉落としに入る前に、ちょっとだけサイドスリップをします。




2)左斜め前方を見ながら、左足に体重をかける
左斜め前方を見ながら、左足に体重をかけると、左斜め前に滑り始めます。
進みたい方向をしっかり見るのがポイントです。
(足下を見ないように!)
なかなか斜めに動かない場合は、スノーボードを進みたい方向に少し向けるとやりやすいです。

どうしても動かない場合は、斜面がゆがんでるのが原因かもしれません。
斜面がゆがんでいて上手く出来ない場合は、4)に進んじゃってください。




3)しばらく左斜め前方に進む




4)普通のサイドスリップに戻る
目線を真っ直ぐに戻し、両足均等の体重にします。
スノーボードがナナメになっている場合は、真横に戻します。




5)右斜め前方を見ながら、右足に体重をかける
右斜め前方を見ながら、右足に体重をかけると、右斜め前に滑ります。
進みたい方向をしっかり見るのがポイントです。
(足下を見ないように!)
なかなか斜めに動かない場合は、スノーボードを進みたい方向に少し向けるとやりやすいです。




6)しばらく右斜め前方に進む




7)1)〜6)を繰り返す


ポイント!
出来るだけゆがんでない練習しやすい場所を見つける
斜面が歪んでいると、正しく動いていても思ったように動かないので、感覚をつかむのに時間がかかります。

進む方をしっかり見る
進行方向をしっかり見ないと、うまく進みません。

2. トゥエッジでの木の葉落とし

<トゥエッジでの木の葉落とし>

(ライダー:鈴木 卓郎

トゥエッジでやる木の葉落としのやり方を説明します。

<進行方向とスノーボードの動き>


1)トゥエッジでサイドスリップする
木の葉落としに入る前に、ちょっとだけサイドスリップをします。




2)左斜め前方を見ながら、右足に体重をかける
左斜め前方を見ながら、左足に体重をかけると、左斜め前に滑ります。
進みたい方向をしっかり見るのがポイントです。
(足下を見ないように!)
なかなか斜めに動かない場合は、スノーボードを進みたい方向に少し向けるとやりやすいです。

どうしても動かない場合は、斜面がゆがんでるのが原因かもしれません。
斜面がゆがんでいて上手く出来ない場合は、4)に進んじゃってください。




3)しばらく左斜め前方に進む




4)普通のサイドスリップに戻る
目線を真っ直ぐに戻し、両足均等の体重にします。
スノーボードがナナメになっている場合は、真横に戻します。




5)右斜め前方を見ながら、右足に体重をかける
右斜め前方を見ながら、右足に体重をかけると、右斜め前に滑ります。
進みたい方向をしっかり見るのがポイントです。
(足下を見ないように!)
なかなか斜めに動かない場合は、スノーボードを進みたい方向に少し向けるとやりやすいです。




6)しばらく右斜め前方に進む




7)1)〜6)を繰り返す


ポイント!
出来るだけゆがんでない練習しやすい場所を見つける
斜面が歪んでいると、正しく動いていても思ったように動かないので、感覚をつかむのに時間がかかります。

進む方をしっかり見る
進行方向をしっかり見ないと、うまく進みません。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-