スノーボードの滑り方:スケーティング トゥ| スノボーのスー

スケーティング(トゥエッジ側)

スノーボードの基本動作(初心者編)、その3。
今回のテーマはトゥエッジ側のスケーティングです。

スケーティングとはワンフット(片足だけバインディングを付けた状態)で移動することです。

<スケーティング(トゥエッジ側)初級編>


<スケーティング(トゥエッジ側)上級編>

(ライダー:鈴木 卓郎

リフトの乗り降り、移動などに使います。
今後の練習の基本にもなるので、しっかり覚えましょう。

準備

練習する場所は斜度が無く、歪んでない場所を選びましょう。
斜度があったり歪んでいると難しいです。

バインディングは、左足(グーフィーは右足)だけ付けます。
右のバインディングのハイバックは倒してください。
ハイバックが立ったままだと、転んだときに太股に刺さったりして痛いです。
リフトに引っかかるときもあります。

やり方

1)やりやすい姿勢をつくる
スノーボードを進む方向に真っ直ぐにして、右足をスノーボードの前に置いてください。
右足以外は基本姿勢になります。
そして、左足に体重をかけ、腹筋、背筋、左脚全体(左足首、左膝、左太もも)に力を入れて右足以外の部分を固定してください。
以降、スケーティング中は右足以外は固定したままです。

また、左手を進む方向にのばしておくと、まっすぐ進みやすいです。
なれてきたら、下ろしてOKです。



2)右足を左足よりちょっと前にだしながら、左足に全体重をかける
右足以外は、出来るだけ1)の姿勢が崩れないように固定したまま、右足を左足より前に出します。
この右足を「左足より前に出す」のがポイントです。

右足に体重が残っているとバランスを崩しやすくなるので、左足だけで立てるように、しっかりと左足に全体重を乗せてください。




2)左足のちょっと後ろまで、右足でコグ
右足でコイで進みます。
右足を動かす量は、左足のちょっと後ろぐらいまでにしてください。
一度にたくさんこごうとすると、バランスを崩しやすくなります。

また、左足に全体重を掛けたままコイでください。
コグときに右足に体重をかけてしまうと、バランスを崩しやすくなります。
コイでいる最中も、1)の姿勢が崩れないように固定したままです。

写真では沢山コイでますが、初めからこんなにコグ必要はありません。
チョコチョコと進む感じで感覚をつかみましょう。





3)コグのを繰り返して進む
この間、ずっと左足だけで体重を支えたままです。





4)スピードに乗って来たら、基本姿勢になる
ある程度スピードが付いたら、コイだ後に右足をスノーボードの上に乗せてみましょう。
右足をスノーボードの上に乗せた後は基本姿勢になってください。
スノーボードが滑って進んでいる間、そのまま真っ直ぐ滑っていきます。





5)慣れて来たら、大きくコイでみる(上級レベル)
スケーティングの動きに慣れて来たら、大きくコイでみましょう。
ゆっくり大きくコグのがポイントです。




ポイント!
結構難しいので、詳しく説明します。

遠くを見る
足下を見るとまっすぐ進みません。
しっかり遠くを見ましょう。
慣れるまでは、目標物を決めて練習すると良いと思います。

スノーボードを真っ直ぐにする
練習しているうちに曲がってくることが多いです。
進む方向に真っ直ぐになっているか確認しましょう。

少しずつコグ
一気に進もうとするとバランスを崩しやすいです。

左足だけで体を支える
右足に体重をかけるとバランスを崩しやすいです。
左足だけで体を支えるとやりやすいです。

右足は左足のちょっと前から、ちょっと後ろまでコグ
左足の後ろからコギ始めると、足が開きすぎてバランスを崩しやすいです。
<こうなっちゃったら大変>


左手を進む方向に伸ばす
左手を降ろしてバランスを崩す人が結構います。
なれてきても、上手く出来なくなったら左手を伸ばして確認してみましょう。

なお、このページではポイントを絞ってざっくりと説明しているので、より詳しく確認したい人は[初心者講座]スケーティングの動き方を覚えよう!も合わせて参照してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの基本動作(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-