スノーボードの滑り方:基本姿勢 | スノボーのスー

基本姿勢

スノーボードの基本動作(初心者編)、その1。
今回のテーマは基本姿勢です。
スノーボードの基本となる姿勢です。

<基本姿勢>
基本姿勢1
基本姿勢2

基本姿勢ができているのとできていないのとでは、上達のスピードが全然違います。
(頑張って練習しても、基本姿勢からやり直しになっちゃいます。)

なので、しっかり覚えてください。

自宅でも練習できるので、スノーボードに行く前に確認しておくと良いと思います。

準備

斜度の無い場所で、スノーボードをつけてください。
左足だけつけたり、スノーボードをつけない状態でも練習できます。
左足だけ付けたときは、右足をバインディングとバインディングの間に載せてください。

やり方

1)胸と骨盤の向きを左足の爪先が向いている方向と同じ方向にむける
難しい言い方をすると、左足のアングルの角度と同じ分だけ、胸と骨盤を開く。ということになります。
骨盤の向きが分かりづらい人は、お尻を左足の爪先とは反対方向にむけるように意識してください。

<ノーズ側から見た図>
基本姿勢3

<頭上から見た図>
基本姿勢4


2)膝を少しまげて、腰を落とす
左膝よりも右膝を多めにまげて、お尻が右足のかかと寄りになるようにします。
骨盤の向きがズレたり、膝が曲がらずに腰だけが曲がったりしやすいので注意してください。
基本姿勢5


3)上体を、骨盤と胸が向いている方向に倒す
上体を、骨盤と胸が向いている方向に少し倒して、両足均等に体重が乗るようにします。
胸と骨盤は、1)で左つま先が向いている方向と合わせたので、左つま先が向いている向きと平行な向きに倒すことになります。
股関節を折るようにして倒してください。
おなかの左側を左太ももに近づけるようにするとやりやすいです。
基本姿勢6


基本姿勢7


4)左手を左膝の横、右手を右膝の前辺りにおく
基本姿勢8


5)ノーズ方向の遠くを見て、顔を立てる
ノーズ方向にある木や建物を目標にして見るとやりやすいです
基本姿勢9
基本姿勢10

ポイント!
目線を遠くにする
顔を立てる
胸と骨盤の向きは、左足のつま先が向いている向きと同じ方向に向ける(平行にする)
膝をまげて腰を落とす(腰を曲げない)
上体は股関節から曲げる
両足均等に体重をかける

ここでは軽く説明していますが、本当はもっと細かく正確に練習してもらった方が良いです。
基本姿勢をマスターしよう!のページで、より詳細に説明しているので、余裕のある人はこちらも参考にしながら練習して下さい。

ワンフットの基本姿勢

ワンフット(左足だけバインディングを付けた状態)で基本姿勢になる時は右足を両バインディング間に置き、右足を出来るだけ右バインディングに近づけた状態(出来るだけ足を開いた状態)にします。

右足の位置以外は両足ともバインディングを付けている状態と同じです。
滑り方の練習をする時によく使うので、こちらも練習しておいてください。
基本姿勢11

もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

基本姿勢は人それぞれ
基本姿勢はあまりシビアに考える必要はありません。
膝を何度曲げれば?何度肩を開けば?などと細かく考えなくていいです。

細かい部分は、バインディングのセッティングや骨格によっても変わります。

手の位置って関係あるの?
関係ありません。
上記の4)で手の位置を指定していますが、その位置に手があると基本姿勢が保ちやすいだけです。
手の位置がおかしな所にあると、体勢にも影響するので、バランスを崩しやすくなります。
体勢を崩さなければ、手の位置はどこでもいいです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの基本動作(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-