スノーボードの滑り方:体重のかけ方 | スノボーのスー

体重のかけ方

スノーボードの基本動作(初心者編)、その2。
今回のテーマは体重のかけ方です。

スノーボードは、つま先やカカトに体重をかけて曲がります。
しかし、普通につま先やカカトに体重をかけようとしても上手くいきません。

そこで、スノーボードでの体重の掛け方を説明します。

スノーボードを付けて練習するとわかりづらいので、スノーボードを付けずに体重のかけ方に集中して練習しましょう。

地味ですが、これができるかできないかで、滑れるようになる時間が全然違うので気合いを入れて練習してください。
自宅でも練習できるので、スノーボードに行く前に練習しておきましょう。

基本姿勢と合わせて練習しておけば、滑れるようになるまで半日ぐらい短縮できます。

準備

ブーツを履きます。
ヒモはしっかり締めてください。緩いとあまり練習になりません。

1. つま先側に体重をかける練習

まず、比較的簡単な「つま先に体重をかける」練習をします。

<体重のかけ方(つま先側)>

(ライダー:鈴木 卓郎

1)両足を揃えて真っ直ぐ立つ
ぴったり両足を付けてしまうと練習しづらいので、ちょっと隙間を開けてください。



2)膝を曲げ、両手を膝の上におく
膝はしっかり曲げてください。
また顔を上げて、下を見ないようにしてください。



3)つま先に体重をかけていく
2)の体勢のまま、スネでブーツのタンをつぶします。
しっかりつぶしていけば、かかとが浮いてきます。
足首以外動かないように注意してください。
下を向いてしまいやすいので、下を向かないように注意してください。

膝から上が動かずにカカトだけが浮いたらOKです。




4)繰り返し練習する
スノーボードを付けてからでは感覚をつかみづらいので、この時点で感覚をつかむまで繰り返し練習してください。

ポイント!
顔が下を向かないようにする
実際に滑る時は、顔が下を向いてしまうと転ぶ原因になるので、この時点から下を見ない状態で練習しておきましょう。

2. カカト側に体重をかける練習

次に、結構難しい「カカトに体重をかける」練習をします。

<体重のかけ方(カカト側)>

(ライダー:鈴木 卓郎

1)両足を揃えて真っ直ぐ立つ
ぴったり両足を付けてしまうと練習しづらいので、ちょっと隙間を開けてください。



2)両足を揃えて、膝を曲げ、両手を膝の上におく
膝はしっかり曲げてください。
また顔を上げて、下を見ないようにしてください。



3)かかとに体重をかけていく
2)の体勢のまま、つま先を上げます
つま先をスネに近づけるようにやると上手くいきます。

足首以外動かないように注意してください。
特に、膝が伸びちゃうことが多いので気を付けてください。
また、下を向いてしまいやすいので、下を向かないように注意してください。

膝から上が動かずに、つま先だけ浮いたらOKです。
(ほんのちょっとでも浮けばOKです。)




4)繰り返し練習する
スノーボードを付けてからでは感覚をつかみづらいので、この時点で感覚をつかむまで繰り返し練習してください。
ただし、カカト側の練習はかなり難しいので完璧になるまで練習する必要はありません。
大体出来るようになればOKです。

ポイント!
顔が下を向かないようにする
実際に滑る時は、顔が下を向いてしまうと転ぶ原因になるので、この時点から下を見ない状態で練習しておきましょう。

膝は曲がったままにする(伸びないようにする)
カカトに体重をかけるときに膝が伸びるとバランスを崩しやすくなります。
実際に滑る時も、膝が伸びると転びやすくなるので、膝が曲がったままつま先を引き上げる練習をしておきましょう。


なお、このページでは比較的ざっくりと説明しているので、より詳しく確認したい人は[初心者講座]足首の使い方を覚えよう!を参照してください。

もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたい人は、以下の解説を読んでください。

違うやり方もある
体重のかけ方は上記のやり方だけではありません。
将来的には違うやり方も覚えて状況に応じて使い分ける必要があります。
しかし、中級レベルまでは上記のやり方だけで十分なので、「他のやり方もあるんだなー」ぐらいに思っておけばオッケーです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの基本動作(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-