スノーボードの滑り方:ワンフット直滑降 | スノボーのスー

ワンフットで直滑降

スノーボードの基本動作(初心者編)、その7。
今回のテーマはワンフット直滑降です。

片足だけバインディングを付けて真っ直ぐ滑るやり方です。
(真っ直ぐ滑ることを「直滑降」と言います。)

<ワンフットで直滑降>

(ライダー:鈴木 卓郎

曲がり方を覚える前に、真っ直ぐ滑ることを覚えましょう。
きれいに真っ直ぐ滑れるようになれば、曲がり方も早く覚えられます。

準備

最後に斜度が無くなる、歪んでいない斜面を見つけてください。
このような斜面では、最後に自動的に減速するので練習しやすいです。
斜面がゆがんでいたり、斜度が急だと練習しづらいので避けましょう。
<こんな斜面がベスト>


練習場所を見つけたら、斜度の無い所から1〜2m上ります。
なれてきたら、3〜4m上って練習しましょう。

最後に斜度が無くなる斜面が見つからなかった場合は、斜度の緩い(斜度5度ぐらいまで)、歪んでいない斜面で練習します。

練習場所に着いたら、左足だけバインディングを付けて、ワンフットの状態になってください。

やり方

1)右足を下ろした基本姿勢になる
右足はスノーボードの前に下ろした状態で基本姿勢になります。
(右足以外は基本姿勢。)
スノーボードは斜面に対して真っ直ぐにしておきます。

滑る方向ををしっかり見て、目線が下がらないように(足下を見ないように)注意してください。
滑る方向にある木や建物を目標にして見るとやりやすいです。

この時点で、腹筋、背筋、左脚全体(左足、左膝、左太もも)に軽く力を入れて固定しておいてください。
固定できていないと、この後の動きが不安定になりやすいです。



2)右足をスノーボードの上に乗せる
右足以外(目線、上半身、左脚)を固定したまま、右足をバインディングとバインディングの間に乗せます。

思い切って左足に体重を乗せながら、右足をスノーボードに乗せるとやりやすいです。
右足に体重が残っていると、体が遅れたり、スノーボードが変な方向を向いてしまって上手く滑れません。

このとき、右足を乗せる場所が気になるかもしれませんが、目線は進行方向を見たままにしてください。
足下を見るとバランスを崩す原因になります。

また、右足は出来るだけ右バインディングに近い場所に置いた方が(出来るだけ足を開いた方が)、安定します。





3)基本姿勢になる
右足をバインディングとバインディングの間に乗せた後は、基本姿勢になります。
両足に均等に体重を乗せて、目線の向き、姿勢を確認してください。



4)基本姿勢のまま少し滑る
スピードを付け過ぎないように注意してください。
動画では斜度がちょっと急な所でやっているのでかなり速いスピードが出ていますが、もっともっとゆっくりのスピードで十分です。




5)止まる
斜度がなくなる場所を選べば、勝手に止まります。
勝手に止まらないときは、右足を下ろしてとまります。
スピードが早くなると右足を下ろして怪我する可能性があるので、スピードを出しすぎないように注意してください。

ポイント!
歪んでいない斜面で練習する

スノーボードを滑る方向に真っ直ぐにする

右足をスノーボードに乗せるとき、思い切って左足に体重を乗せる

進行方向の遠くを見る
木や建物など、見るものを決めておくとやりやすいです。
足下を見てしまったり、近くの雪面を見てしまうとバランスを崩しやすくなります。

基本姿勢をしっかり作る


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの基本動作(初心者編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-