スノーボードの滑り方:しゃがんだままターン | スノボーのスー

しゃがんだままターン

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは「しゃがんだままターン」です。

<しゃがんだままターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・滑走中の姿勢の適正化
・雪面のギャップを膝を使って吸収する能力の向上(雪面に対する対応力の向上)
に、役立ちます。

しゃがんだ状態のままターンすることで、いつでも膝と腰を曲げられる姿勢を体感します。
この姿勢を通常のターンへ応用することで、安定度が増し、雪面の歪みへの対応力も高まります。

屈伸ターンにも同じような効果もありますが、屈伸ターンでは屈伸しづらいタイミングを無意識に外して屈伸してしまう場合があるので、こっちの練習も合わせて行うことで、姿勢の矯正力が高くなります。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】

やり方

1)基本姿勢で直滑降してからしゃがむ
まず、基本姿勢でちょっと直滑降します。
そこから出来るだけ低い姿勢になるようにしゃがみます。


2)1)の姿勢があまり崩れないように、しゃがんだままカービングでバックサイドターンする
しゃがんだままカービングでロングターンします。
なお、3)以降もカービングターンしながら練習してください。
ズレてしまう場合は、できるだけズレないように意識して練習してください。
ズレたまま練習しても効果ありません。





3)しゃがんだままフロントサイドターンに切り換える
しゃがんだままフロントサイドターンに切り換えます。
抜重できない(ノーズドロップできない)ので、体軸をしっかり谷側に倒してエッジを切り換えて下さい。





4)フロントサイドターンする
しゃがんだままフロントサイドターンします。
ターンしながら自分の姿勢を確認して、不安定になるタイミングが無いか探してください。
不安定になる場合はそのタイミングの姿勢を修正する必要があります。

なお、ターン中まったく姿勢が変わらないわけではありません。
状況に合わせて少しずつ姿勢が変化していきます。
1)の姿勢を固定して滑るわけではないことに注意してください。







5)しゃがんだままバックサイドターンに切り換える
しゃがんだままバックサイドターンに切り換えます。
抜重できない(ノーズドロップできない)ので、体軸をしっかり谷側に倒してエッジを切り換えて下さい。





6)バックサイドターンする
しゃがんだままバックサイドターンします。
フロントサイドターンと同様に、ターンしながら自分の姿勢を確認して、不安定になるタイミングが無いか探してください。







7)不安定になるタイミングの姿勢を見直して、安定した姿勢で滑れるようになるまで繰り返し練習
ターン中に不安定になりやすいタイミングを見つけたら、そのタイミングの姿勢を見直して再チャレンジします。
または、安定する姿勢を探しながら、しゃがんだままターンをするのもアリです。
しゃがんだままでも常に安定してカービングターンできるようになれたらOKです。


8)通常のカービングターンに応用する
しゃがんだままでも安定してカービングターンできる姿勢を身につけたら、その姿勢のイメージを通常のターンに応用してください。
いつでもしゃがめる姿勢を意識して滑ることで膝と腰を楽に屈伸できる姿勢になるので、ギャップへの対応がやりやすくなり滑走中の安定感が向上します。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)2 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-