スノーボードの滑り方:ローテーションターン| スノボーのスー

上半身のローテーションを多く使ったターン

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは上半身のローテーション(ターン方向への回転)を多く使ったターンです。

<ローテーションを多く使ったターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・上半身のローテーションが生む効果を体感
・スノーボードが回り込む感覚の体感
に、役立ちます。

普段のローテーションよりも、大きく・強くローテーションしてカービングターンをすることで、上半身のローテーションがターンの質(ターン弧の大きさ)に影響する効果が体感できます。

また、上半身のローテーションを多くすると、スノーボードがいつも以上に小さなターン弧を描いて回り込んでいきます。そのため、スノーボードが小さな弧を描いて回り込む感覚も体感できます。

これらの感覚を体感することで、滑り方の幅が広がったり、他の練習の感覚がつかみやすくなります。

準備

【練習する場所】
10度前後の緩中斜面
ある程度スピードが必要なので、斜度が緩すぎると練習しづらいです。

【覚えておく必要のある技術】
緩斜面でカービングロングターン
中斜面でカービングロングターン(中級)

緩斜面でのカービングロングターンは余裕でできないと、難しいです。
中斜面でカービングロングターン(中級)は完璧にできる必要はありませんが、ある程度はできるレベルじゃないと難しいと思います。

やり方

1)スピードをつけるために、基本姿勢で直滑降
そんなに高速になる必要はありませんが、ある程度のスピードがあった方が練習しやすいです。



2)B/Sターンの入る準備として上半身を右に回す
左手・左肩を右に閉じ、右手・右肩を後ろに引いて、上半身を右に回します。
これがローテーションを多くするための準備です。




3)上半身をいつもより多く左に回しながら、軽くB/Sターンする
左手・左肩を左に開き、右手・右肩を前に出して、上半身をいつもより強く左に回しながらB/Sターンします。

普段のロングターンより少し小さめのターン弧(ミドルターン)で滑ることを意識して下さい。
また、エッジがズレないように、カービングターンしてください。

4)以降も、少し小さめのターン弧を描きながら、カービングターンで練習してください。
カービングしないで(ズレながら)練習しても、練習の意味があまりありません。





4)上半身を開きながら(左に回しながら)F/Sターンに切り換えていく
B/Sターンの後半、F/Sターンに切り換えていく時も、引き続き、左手・左肩を左に開き、右手・右肩を前に出して、上半身をいつも以上に開いていきます。
この動きがF/Sターンのローテーションを多くするための準備です。





5)上半身が開いたまま(左を向いたまま)F/Sターンに切り換える
通常のターンよりも、上半身が開いた状態でF/Sターンに入ることになります。
上半身が開いている以外はいつものカービングターンと一緒です。





6)F/Sターンをしながら、いつも以上に上半身を右に回していく
左手・左肩を閉じ(右に回し)、右手・右肩を後ろに引いて、上半身を右に回していきます。
上半身をいつも以上に回す以外は、通常のF/Sターンです。




7)ターン中盤に向けて、引き続き、上半身を右に回しながらF/Sターン
引き続き、左手・左肩を閉じ(右に回し)、右手・右肩を後ろに引いて、上半身を右に回していきます。
いつも以上に上半身を回しているので、ターン導入時に開いていた上半身が閉じて、いつものターンの姿勢に近づいていきます。





8)ターン後半に向けて、引き続き、上半身を右に回しながらF/Sターン
引き続き、左手・左肩を閉じ(右に回し)、右手・右肩を後ろに引いて、上半身を右に回していきます。
いつも以上に上半身を回しているので、今度はいつものターンよりも上半身が閉じていきます。





9)上半身を閉じながら(右に回しながら)B/Sターンに切り換えていく
F/Sターンの後半、B/Sターンに切り換えていく時も、引き続き、左手・左肩を閉じ(右に回し)、右手・右肩を後ろに引いて、上半身をいつも以上に閉じていきます。
この動きがB/Sターンのローテーションを多くするための準備です。





10)上半身が閉じたまま(右を向いたまま)B/Sターンに切り換える
通常のターンよりも、上半身が閉じた状態でB/Sターンに入ることになります。
上半身が閉じている以外はいつものカービングターンと一緒です。




11)B/Sターンをしながら、いつも以上に上半身を左に回していく
左手・左肩を開き(左に回し)、右手・右肩を前に出して、上半身を左に回していきます。
上半身をいつも以上に回す以外は、通常のB/Sターンです。





12)ターン中盤に向けて、引き続き、上半身を左に回しながらB/Sターン
引き続き、左手・左肩を開き(左に回し)、右手・右肩を前に出して、上半身を左に回していきます。
いつも以上に上半身を回しているので、ターン導入時に閉じていた上半身が開いて、いつものターンの姿勢に近づいていきます。





13)ターン後半に向けて、引き続き、上半身を左に回しながらB/Sターン
引き続き、左手・左肩を開き(左に回し)、右手・右肩を前に出して、上半身を左に回していきます。
いつも以上に上半身を回しているので、今度はいつものターンよりも上半身が開いていきます。





14)上半身を開きながら(左に回しながら)F/Sターンに切り換えていく





15)5)に戻って繰り返し
5)に戻って、F/Sターンします。
以降、繰り返しです。


16)スノーボードが小さく回り込む感覚がわかるまで練習
上半身のローテーションがターンに上手く連動すれば、スノーボードがいつも以上に小さな弧を描いて回り込んできます。
この感覚がわかるようになるまで練習しましょう。

どのように上半身を回すとどのようなターン弧を描くか感覚がわかったら、いつものカービングターンにその感覚を応用してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)2 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-