スノーボードの滑り方:後ろ足荷重ターン | スノボーのスー

後ろ足に体重をかけたままターン

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは後ろ足に体重をかけたままのターンです。

<後ろ足に体重をかけたままターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・後ろ足の操作能力向上
・テール寄りのエッジを使ってカービングする感覚の向上
・体軸コントロール能力の向上
・リカバリー能力の向上
・総合滑走能力の向上
に、役立ちます。

普段、あまり体重をかけない後ろ足(テール)に体重を乗せたままカービングターンすることで、バランス感覚や重心、体軸のコントロール能力が鍛えられ、リカバリー能力や総合滑走能力の向上に役立ちます。

また、初中級レベルでは「後ろ足を操作する感覚」「テール寄りのエッジでカービングする感覚」を理解するのは難しいのですが、この練習で強制的に体感することができます。

準備

【練習する場所】
5〜10度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】
緩斜面でカービングロングターン
緩斜面でのカービングロングターンは余裕でできないと、結構難しいです。

やり方

1)右足の外側に全体重を乗せる
直滑降しながら、右足の外側(右足の右側の側面)に全体重を乗せます。
右足の外側に体重が乗っている以外は、基本姿勢から大きく崩れないようにしてください。




2)右足の外側に体重を乗せたままカービングでバックサイドターンする
エッジがズレないように、カービングでロングターンしてください。
3)以降もカービングターンしながら練習してください。





3)右足の外側に体重をかけたまま、フロントサイドターンに切り換える
右足の小指の付け根の外側に体重をかけていきながら、フロントサイドターンに切り換えます。

フロントサイドターンに入るときに、体軸を思い切って谷側に倒してください。
左足に体重をかけに行くわけではないので(ノーズドロップをしないので)、いつもの感覚で体軸を谷側に倒して行っても簡単には切り換えられません。

左足には体重をかけませんが、通常のフロントサイドターンと同様に左膝と左足を右方向に回して行くことでよりしっかりと曲がって行きます。





4)右膝と右足も右方向に回す
右足のつま先側(小指の付け根の外側)に体重をかけたまま、右膝と右足を右方向に回して行きます。

右膝を右方向に開きながら、右足小指の付け根を中心にしてカカトを時計回りに回すようにしてください。
こうすることで、より急な弧を描いてカービングして行きます。
左足に体重がかかっていないので、左膝と左足を右に回すだけでは緩いターン弧になりやすいです。







5)右足の外側に体重をかけたまま、バックサイドターンに切り換える
右足のカカトの外側に体重をかけていきながら、バックサイドターンに切り換えます。

フロントサイドターンに入ったときと同様に、体軸を思い切って谷側に倒してください。
左足に体重をかけに行くわけではないので(ノーズドロップをしないので)、いつもの感覚で体軸を谷側に倒して行っても簡単には切り換えられません。

左足には体重をかけませんが、通常のバックサイドターンと同様に左膝と左足を左方向に回して行くことでよりしっかりと曲がって行きます。





6)右膝と右足も左方向に回す
右足のカカト側の外側に体重をかけたまま、右膝と右足を左方向に回して行きます。

右膝を左方向に閉じながら、右足カカトを中心にしてつま先を反時計回りに回すようにしてください。
こうすることで、より急な弧を描いてカービングして行きます。
左足に体重がかかっていないので、左膝と左足を左に回すだけでは緩いターン弧になりやすいです。







7)ある程度できるようになるまで練習
できるだけ上手く出来るようになっておくといろいろと役立ちます。
しかし、あくまでも練習のための滑り方なので、完璧になるまで練習する必要があるわけではありません。

ある程度できるようになれば、色々な場面(バランスを崩したときや、他のテクニックの練習中など)で役立つことが体感できるはずです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)2 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-