スノーボードの滑り方:壁でターン(B/Sターン)| スノボーのスー

壁でカービングターン(B/Sターン)

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは壁でのカービングターン(B/Sターン)です。

B/Sターン導入時の体軸の倒し方の技術力を向上させる練習です。

ちょっとややこしいですが、F/Sの壁(自分の前にある壁)でB/Sターンの練習をします。

<壁でカービングターン(B/Sターン)>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・体軸を谷側に倒す恐怖感の克服
・体軸を倒す感覚の向上
に、役立ちます。

体軸を谷側に倒すのが怖いのが原因で、ターン前半が上手くできない場合があります。
そこで、通常の斜面を滑っているときには倒さないところまで体軸を倒す練習をして、体軸を倒すことに対する恐怖感を減らします。
あわせて、体軸を倒す感覚を向上させます。

準備

【練習する場所】
ハーフパイプ、バンク、コース内の、自分の前側(右側)にある壁

壁が立っているほど難易度が上がります。
ハーフパイプの壁が一番立っているので(垂直なので)、一番難易度が高いです。

【覚えておく必要のある技術】
・ある程度自由に滑れること

ある程度自由に滑れるレベルであれば、レベルに限らずチャレンジしてみても良いと思います。
ただし、ハーフパイプぐらい立っている壁で練習するには、中斜面でカービングロングターンを練習中ぐらいのレベルはないと、厳しいかもしれません。

やり方

1)右側の壁(F/Sの壁)に向かってトゥエッジでカービング



2)壁を登り始めたら、ヒールエッジに切り換える





3)しっかり体軸を背中側に倒して、ヒールエッジでカービングしていく
体軸を倒しきれてないと、ヒールエッジでカービングできません。
また、体軸を倒しすぎると背中側に倒れてしまうので、適切な体軸の倒し方になるようにしっかり意識してください。





4)一番高いところ(一番壁が立っているところ)で、一番体軸が倒れる
一番高い、一番壁が立っているところで一番体軸を倒すことになります。
この時点でもヒールエッジに乗るようにします。



5)徐々に体軸を起こしながら、引き続きヒールエッジでカービング
体軸を倒したままだと背中側に倒れてしまうので、滑っているところの角度に合わせて体軸を起こしていきます。
降りていく間もヒールエッジに乗ったままにして下さい。






6)体軸を倒す感覚を普通のカービングターンに応用する
体軸をたくさん倒す感覚を覚えて恐怖感が減ったら、通常のカービングターンに応用します。

F/SターンからB/Sターンに入る時の斜面状況は、前側(右側)の壁でターンする時とほとんど同じ(進行方向に向かって右側が高くて、左側が低い状態)です。
むしろ、壁でターンする時と比べて角度がかなり緩いので、体軸を倒すのが余裕なはずです。

なので、ターン導入時(F/SターンからB/Sターンに切り換る時)に、この体軸を倒す感覚を思い出して、思い切って谷側に体軸を倒していきましょう。

体軸を倒すことが怖かったとき(体軸を倒す感覚がわからなかったとき)よりも、かなり楽にターンできるようになります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)2 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-