スノーボードの滑り方:チクタク| スノボーのスー

チクタク

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマはチクタクです。

重心移動とスノーボードの反発を利用して前に進みます。
斜度の無い場所(止まってしまう場所)でのちょっとした移動に使えるので、覚えておいて損は無いテクニックです。

一般的にはトリックや移動手段として紹介されていますが、滑走技術を向上させる良い練習にもなるのでここで紹介します。

<チクタク>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・テール側のエッジに乗る感覚の向上
・スノーボードの反発を利用する技術力の向上
・スノーボードの操作能力の向上
・リカバリー能力の向上
に、役立ちます。

準備

【練習する場所】
0度前後の雪面
立ってるだけでは滑らない、斜度の無い場所で練習します。

やり方

1)進みたい方向にノーズを向けて立つ
大体でいいです。
ここでの姿勢はあんまり関係ありません。



2)上半身を左に回しながらテール側のヒールエッジで雪面を蹴って、左斜め前に重心を移動する
上半身を勢い良く左に回しながら、左足でノーズを持ち上げてスノーボードを左に少し回します。

同時に、テール側のヒールエッジで雪面を右斜め後ろに蹴ってテールをしならせ、テールが反発してくるタイミングに合わせて重心を左斜め前に移動させます。
右足のカカトで雪面を蹴って、自分が左斜め前に移動するイメージです。

テール側のエッジがズレ過ぎると前に進む力が生まれないので、エッジでしっかり雪面を捉えて蹴るように意識してください。





3)スノーボードを引き続き左に回しながら、上半身を右に回し始める
スノーボードが左に向く勢いがついたら、すかさず上半身を右に回して、次の踏み切りをするための準備を始めます。
下半身は引き続き左に回していきます。

(実際には体全体はあまり左に回っていないのですが、上半身を右に回すことで体がひねられて、スノーボードが左を向いていくことになります。)





4)スノーボードが少し左を向いたところで、ソール全体が雪面に付く
重心の位置が両足間の真ん中に乗った状態で、着地します。
スノーボードが雪面に降りたらすかさず、5)の動きに入ります。

上半身は引き続き右に回していきます。



5)上半身を右に回しながらテール側のトゥエッジで雪面を蹴って、右斜め前に重心を移動する
引き続き上半身を勢い良く右に回しながら、左足でノーズを持ち上げてスノーボードを右に少し回します。

同時に、テール側のトゥエッジで雪面を左斜め後ろに蹴ってテールをしならせ、テールが反発してくるタイミングに合わせて重心を右斜め前に移動させます。
右足のつま先で雪面を蹴って、自分が右斜め前に移動するイメージです。

テール側のエッジがズレ過ぎると前に進む力が生まれないので、エッジでしっかり雪面を捉えて蹴るように意識してください。





6)スノーボードを引き続き右に回しながら、上半身を左に回し始める
スノーボードが右に向く勢いがついたら、すかさず上半身を左に回して、次の踏み切りをするための準備を始めます。
下半身は引き続き右に回していきます。

(実際には体全体はあまり右に回っていないのですが、上半身を左に回すことで体がひねられて、スノーボードが右を向いていくことになります。)





7)スノーボードが少し右を向いたところで、ソール全体が雪面に付く
スノーボードが雪面に降りたらすかさず、8)の動きに入ります。
上半身は引き続き左に回していきます。



8)上半身を左に回しながらテール側のヒールエッジで雪面を蹴って、左斜め前に重心を移動する





9)繰り返すと、少しずつ動き始める
初めのうちはあまり動きませんが、繰り返していくと少しずつスピードが付いてきます。


10)テールの反発を無駄にしないように動く
スピードが付いて来たらエッジを出来るだけズラさないようにテールが反発した力を無駄にしないように動きます。

右足で雪面を蹴るとき(2)や5)の動作のとき)、重心の位置が両足間の真ん中から右足の上に移動していきます。

このとき、重心が踏み切るエッジの上(2)ならヒールエッジ、5)ならトゥエッジ)の上を通るようにすると、減速が少なくエッジがズレずにテールをしならせやすくなり、効率よく加速することが出来ます。

スピードが遅い時に重心をエッジの上を通すのは難しいので、すこしスピードが付いて来てから意識して下さい。


11)ターンに応用する
チクタクが上手くなるにつれ、ターン中のスノーボードの操作能力やリカバリー能力が向上していきます。

また、エッジの上を外さずに重心を移動させてテールを反発させる感覚は、カービングターン後半の重心移動、スノーボードの反発のさせ方に似ています。
なので、その感覚が分かって来たら、その感覚をカービングターン後半に応用して下さい。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)2 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-