スノーボードの滑り方:スライドF/S180 | スノボーのスー

スライドF/S180

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマはスライドF/S180です。

スノーボードをズラしながら、F/Sスピン方向に180度回ります。

(ちなみに、「スライドF/S180」とは管理人が便宜的に命名しただけで、正式なトリック名とかではありません。また、B/Sターン方向に回るのにF/Sとなっているのは、間違ってるわけではないです。スピンの名前についてはスピントリックの名称を参考にしてください。)

<スライドF/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・スノーボードの操作能力の向上
・エッジコントロール能力の向上
に、役立ちます。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】
基本姿勢
・スイッチスタンスで停止できる、またはメインスタンスに戻せること

スイッチスタンスになることに自信が無い人は、スライドF/S360から練習するのも良いです。

やり方

1)基本姿勢で直滑降する
直滑降するのはちょっとでいいです。
スピードが速すぎるとスイッチになったときに操作不能になる可能性があるので、スピードをつけすぎないようにしてください。



2)軽くB/Sターンする
回転するためのきっかけを作るために少しB/Sターンします。
自信が無いときは多めにターンして、フォールラインに対してスーノーボードが横になるぐらいにしてからスライドすることで、難易度が低くなります。



3)ヒールエッジにかかっている体重を緩めながら
エッジがしっかりと雪面に噛んでいる場合(カービングしている場合)はスノーボードがスライドしないので、ヒールエッジにかかっている体重(角付け)を緩めていきます。
はじめからスライドしている(ズレている)場合はそのままでOKです。



4)通常のB/Sターン以上に上半身を左方向に回して行く
軽くヒールエッジに乗りながら(スノーボードがスライドするぐらいの体重のかけ方)、ターンする時よりも多く上半身を回していくと、スノーボードが回転し始めます。

このとき、左膝と左足を左に回すようにすると、よりスムーズにスノーボードが回って行きます。
前足・前膝の使い方を詳しく確認したい方は、下半身の動き方を覚えよう(左曲り)膝の使い方を参考にして下さい。




5)スノーボードがフォールラインに対して90度ぐらい回転したら、ヒールエッジに乗っている体重をスノーボードの真ん中に移動させていく
ヒールエッジに乗っている体重を、スノーボードの真ん中に移動させていきます。
一気にスノーボードの真ん中に体重を乗せるとトゥエッジが引っかかるので、ヒールエッジにかかっている体重を徐々に緩めていきながら、スノーボードの真ん中に体重を乗せて行きましょう。




6)5)をしながら、下半身はそのまま回転させて行きながら、右肩と右腰を後ろに引いてスイッチスタンスの基本姿勢に近づけていく
メインスタンスの基本姿勢のまま180度回ってしまうと体が後ろを向いてしまうので、下半身と上半身を入れ替えるようにして、スイッチスタンスの基本姿勢に姿勢を近づけていきます。




7)フォールラインにスノーボードが真っすぐになったら、スイッチスタンスの基本姿勢で直滑降
スノーボードの真ん中に乗って(どちらのエッジにも体重をかけずに)直滑降するか、トゥエッジにのって斜滑降する感じで終わってもOKです。
ただし、ヒールエッジに乗ったまま終わらせないようにしましょう。




8)スムーズにできるようになるまで繰り返し練習
出来るだけスムーズに回転できるようになるように繰り返し練習しましょう。
自然とスノーボード操作能力、エッジコントロール能力が向上して行きます。
一度マスターしたらそんなに忘れない感覚のはずなので、マスターした後はあんまり練習する必要はありません。


解説
かなり細かく動き方を説明しましたが、あまり深く考えずにバンバン練習しましょう。
あくまでも感覚を磨く練習ですし、そんなに理論的に考えなくても覚えられるテクニックです。

また、回転スピードや雪面状況によって動き方が微妙に変わるので、この説明と同じ動き方でできる必要もありません。
上手く出来ないときに、このページの説明をヒントとして使ってもらえれば良いと思います。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-