スノーボードの滑り方:スライドB/S360 | スノボーのスー

スライドB/S360

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマはスライドB/S360です。

スノーボードをズラしながら、B/Sスピン方向に360度回ります。

(ちなみに、「スライドB/S360」とは管理人が便宜的に命名しただけで、正式なトリック名とかではありません。)

<スライドB/S360>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・スノーボードの操作能力の向上
・エッジコントロール能力の向上
に、役立ちます。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】
基本姿勢
スライドB/S180(でも、スライドB/S360を先に練習してもいいです。)

やり方

1)基本姿勢で直滑降する
直滑降するのはちょっとでいいです。
スライド中に止まらない程度のスピードをつけてください。



2)軽くF/Sターンする
回転するためのきっかけを作るために少しF/Sターンします。
自信が無いときは多めにターンして、フォールラインに対してスーノーボードが横になるぐらいにしてから回転することで、難易度が低くなります。



3)トゥエッジにかかっている体重を緩めながら
エッジが雪面に噛んでいる場合(カービングしている場合)はスノーボードがスライドしないので、トゥエッジにかかっている体重(角付け)を緩めていきます。
はじめからスライドしている(ズレている)場合はそのままでOKです。



4)通常のF/Sターン以上に目線と上半身を右方向に回して行く
軽くトゥエッジに乗りながら(スノーボードがスライドするぐらいの体重のかけ方で)、F/Sターンする時よりも多く目線と上半身を回していくと、スノーボードが回転し始めます。

このとき、左膝と左足を右に回すようにすると、よりスムーズにスノーボードが回って行きます。
前足・前膝の使い方を詳しく確認したい方は、下半身の動き方を覚えよう(右曲り)膝の使い方を参考にして下さい。



5)スノーボードが90度ぐらい回転したら、徐々にスノーボードの真ん中に体重を乗せていく
引き続き、目線と上半身を右に回していきます。
4)〜5)にかけて、後ろを見に行くイメージです。

90度回った時点ではトゥエッジの上に重心が乗っていますが、ここから180度回った時点にかけてスノーボードの真ん中に重心を移動させていきます。

一気にスノーボードの真ん中に体重を乗せるとヒールエッジが引っかかるので、トゥエッジにかかっている体重を徐々に緩めていきながら、スノーボードの真ん中に体重を乗せて行きましょう。





6)180度回るちょっと前で、一瞬、どちらのエッジにも乗っていない状態(フラットの状態)になる
トゥエッジからヒールエッジに乗り換える合間に、一瞬フラットになります。
でも、このフラットはあんまり意識する必要はないです。
目線、上半身は引き続き右に回して行っているので、目線は進行方向(谷側)を向いていきます。



7)180度回ったあたり(スノーボードのテールが進行方向に向くあたり)で、うっすらとヒールエッジに乗る
回転力がついているので、ちょっとぐらい早いタイミングでヒールエッジに乗っても大丈夫です。(引っかかりません。)

進行方向(谷側)が見えたら、目線はそこで止めて、上半身(肩と腰)は引き続き右方向に回して行きます。

ここからは、右足のカカトに体重をかけていきながら、右膝と右足を右方向にまわして行くとスムーズに回ります。
下半身の動かし方を覚えよう!(左曲り)で説明している左膝と左足の動かし方を、右足でやるんです。)

しかし、右膝と右足は普段あまり使わないので、動かし方がイメージしづらいと思います。
そのときは、右膝と右足をあまり意識せずに、エッジが雪面に引っかからないように気をつけてることに集中してください。
回転力がついているので、右足・右膝をあまり使わなくても十分回って行きます。



8)軽くヒールエッジに乗ったまま、引き続き上半身(肩と腰)を右方向に回して行く
上半身を回して行きながら、スノーボードを回転させて行きます。
目線は進行方向を見たままです。
右膝と右足の回転も使えるとよりスムーズに回ります。




9)270度ぐらい回ったら、上半身を逆に回し(左に回し)、下半身(スノーボード)を右に回していく
回転力は十分付いているので、回転力に身を任せながら、360度回りきった時の姿勢(基本姿勢)を作って行きます。

上半身を先行させて回っているので、この時点では上半身の向きが右を向き過ぎています。
そのため、肩と腰を左に回しながら下半身を右に回し、基本姿勢に戻していきます。




10)スノーボードが360度回りきるちょっと前で、ヒールエッジで雪面をしっかり捉えて、スノーボードの回転を止める
回転力が残っているので、しっかりとヒールエッジで雪面を捉えてそれ以上スノーボードが回転しないように耐えましょう。



11)ヒールエッジで雪面をしっかり捉えて、スノーボードの回転を止めたまま、基本姿勢になる
まだ回転力が残っていてスノーボードが回ろうとするので、しっかりとヒールエッジで耐えておいて下さい。



12)基本姿勢になったところで、ヒールエッジに乗っている体重を真ん中に移動させ直滑降
スノーボードの真ん中に乗って(どちらのエッジにも体重をかけずに)直滑降します。
または、少し回りすぎてトゥエッジに乗って斜滑降する感じで終わってもOKです。
ただし、ヒールエッジに乗ったまま終わらせないようにしましょう。



13)スムーズにできるようになるまで繰り返し練習
出来るだけスムーズに回転できるようになるように繰り返し練習しましょう。
自然とスノーボード操作能力、エッジコントロール能力が向上して行きます。
一度マスターしたらそんなに忘れない感覚のはずなので、マスターした後はあんまり練習する必要はありません。


解説
かなり細かく動き方を説明しましたが、あまり深く考えずにバンバン練習しましょう。
あくまでも感覚を磨く練習ですし、そんなに理論的に考えなくても覚えられるテクニックです。
また、回転スピードや雪面状況によって動き方が微妙に変わるので、この説明と全く同じ動き方でできる必要もありません。
上手く出来ないときに、このページの説明をヒントとして使ってもらえれば良いと思います。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-