スノーボードの滑り方:曲がり続けながらの切り換え| スノボーのスー

曲がり続けながらの切り換え

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは「曲がり続けながらのエッジの切り換え」です。

緩斜面で、ターン導入時にカービングする感覚がわからない人向けの練習です。

ターンを切り換えるときに、次のターンに入ろうとしながらエッジを切り換えるのではなくて、今のターンをそのまま曲がり続けようとしながらエッジを切り換えます。

<曲がり続けながらの切り換え>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・エッジをズラさずに(カービングで)ターンの導入をする技術の向上
に、役立ちます。

緩斜面でのカービングロングターンにチャレンジしてみても、ターン導入時からカービングする感覚がなかなか覚えられない人はこの練習を試してみてください。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】

やり方

1)できるだけカービングするつもりで(ズラさないように)、バックサイドターンする
とりあえず、できるだけカービングになるようにバックサイドターンしてください。





2)ターン後半、フロントサイドターン方向に曲がろうとせずに、そのまま左に曲がり続ける
フロントサイドターンに切り換えるのですが、そのまま左に曲がろうとし続けます。




3)2)をしながら、トゥエッジに切り換えていく
左に曲がろうとし続けながら、体軸を起こして行き、トゥエッジに切り換えて行きます。
左に曲がり続けようとするので、左方向を見ながらトゥエッジに切り換えることになります。




4)トゥエッジに乗った瞬間に、エッジが雪面を捉える
カツッとエッジが雪面に引っかかります。
ちょっとびっくりするかもしれませんが、そのままエッジに乗り続けてください。



5)勝手にスノーボードが曲がって行くのを感じながら、フロントサイドターンする
トゥエッジが雪面にしっかりカメば、左に曲がろうとしていても勝手にカービングしながら右に曲がって行きます。
このままフロントサイドターンして行きます。
ここで自分の力で曲がろうとする動きをしてしまうとまたズレてしまうので、勝手に曲がって行く状況に身を任せてください。






6)ターン後半、バックサイドターン方向に曲がろうとせずに、そのまま左に曲がり続ける
バックサイドターンに切り換えるのですが、そのまま右に曲がろうとし続けます。




7)6)をしながら、ヒールエッジに切り換えていく
右に曲がろうとし続けながら、体軸を起こして行き、ヒールエッジに切り換えて行きます。
右に曲がろうし続けようとするので、右方向を見たままで、肩も左に回さないでヒールエッジに切り換えることになります。




8)ヒールエッジに乗った瞬間に、エッジが雪面を捉える
カツッとエッジが雪面に引っかかります。
ちょっとびっくりするかもしれませんが、そのままエッジに乗り続けてください。



9)そのままカービングしながらバックサイドターンする
ヒールエッジが雪面にしっかりカメば、右に曲がろうとしていても勝手にカービングしながら左に曲がって行きます。
このままバックサイドターンして行きます。
ここで自分の力で曲がろうとする動きをしてしまうとまたズレてしまうので、勝手に曲がって行く状況に身を任せてください。






10)繰り返し練習して、ターン導入時に雪面にエッジをカマせる感覚(ターン導入時からカービングする感覚)を身につける
ターン導入時に雪面にエッジがカム感覚がわかるようになるまで繰り返し練習します。


11)ターン導入の動き、ターン中の目線の動かし方、上半身の動かし方を色々と試してみる
ターン導入時からカービングする感覚がわかったら、普通に滑りながら(ターン導入時に次のターンに入るように上半身を動かしながら)、カービングするように動き方を変えて行きます。
ただし、ただ単にいつも通りに滑るとまたズレてしまうはずなので、少しずつ普通のターンの動きに変えて行きます。

ターン後半にそのまま曲がって行こうとしながらエッジを切り換えていたものを、曲がり続けようとする動きを減らしてエッジを切り換えてみます。
ちょっと減らしたぐらいでは、まだ違和感のあるカービングになるはずなので、曲り続けようとする動きを少しずつ減らしながら、徐々に普通のターンの動きに変えて行ってください。

もしターン導入時にカービングにならなくなったら(ズレてしまったら)「ターン後半の曲がり続けようとする動きを減らしすぎ」なので、ターン後半に曲がり続けようとする意識をまた増やしてください。

また、ターン導入時はカービングなのにターン中にズレてしまったら「ターン方向に曲がろうとし過ぎ」なので、ターン方向に曲がろうとする動きを減らして、スノーボードが勝手に曲がる状況に身を任せるようにしましょう。

自然な動き(自分なりの自然な動きでとりあえずOKです)で、カービングターン出来るようになったらOKです。


という感じで理論的にはこういうことなんですが、この練習を繰り返していればカービングする感覚が自然とわかってくるはずなので、11)のことはあまり深く考えずに、ターン導入時にカービングする感覚を覚えることだけ考えていても大丈夫です。

解説
エッジに乗れるようになってきたのにターン導入時にカービングにならないのは、曲がろうとし過ぎていることが原因のことが多いです。
そこで、この練習では、次のターン方向に曲がらないようにしながらエッジを切り換えることで、スノーボードが次のターン方向に回転しない状況を無理矢理作っています。

スノーボードは回ろうとしませんが、エッジが雪面にカンでいるため、サイドカーブに沿って曲がって行きます。
これが、(無理矢理な動きなんですが)カービングターンになるわけです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-