スノーボードの滑り方:屈伸直滑降 | スノボーのスー

屈伸直滑降

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは屈伸直滑降です。

屈伸直滑降で、自分が適正な姿勢で滑っているか確認しましょう。

<屈伸直滑降>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・より正しい姿勢を理解できる
・ボジションを良くする
・雪面のギャップを膝を使って吸収する能力の向上(雪面に対する対応力の向上)
に、役立ちます。

屈伸直滑降が出来ない人は滑走中も膝を曲げられないので、滑走中にギャップにぶつかったときに衝撃を吸収できず、バランスを崩しやすいです。
この練習でいつでも屈伸できる姿勢を見つけたら、その姿勢を意識してターンすることで安定度が増していきます。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】
基本姿勢
・緩斜面を直滑降しても怖がらないぐらいスピードに慣れていること

やり方

1)基本姿勢で直滑降する
緩斜面だからと油断しないで、しっかりと基本姿勢を作ってください。



2)直滑降しながら屈伸を繰り返す
直滑降をしながら、屈伸します。
膝をしっかり曲げてから伸ばしてください。
低い姿勢になろうとしたときに、腰だけを曲げようとしてしまいやすいので、膝を曲げるように意識してください。






3)姿勢を見直す
上手く屈伸できないのは姿勢やポジションが悪いのが原因です。
姿勢やポジション、体の動かし方を見直して、いつでも屈伸できるようになるまで繰り返し、姿勢を見直しましょう。
リラックスして屈伸できる姿勢がみつかったら、その姿勢を意識しながらターンすることで安定感が増して行くはずです。


注意!
屈伸することが目的ではないです。
適正な姿勢を見つけることが目的なので、適正な姿勢を見つけたらターンに活かしてください。
屈伸しただけではあまり意味は無いですよ。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-