スノーボードの滑り方:骨盤を両手でつかんでターン| スノボーのスー

骨盤を両手でつかんでターン

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは「骨盤を両手でつかんでターン」です。

とはいっても、骨盤をつかむことが目的なわけではないので注意してください。

<骨盤を両手でつかんでターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・滑走中の姿勢の適正化(特に骨盤と胸の向きの適正化)
に、役立ちます。

両手で骨盤をつかむことで骨盤から胸(肩)までが一体化しやすくなります。
また、骨盤の向きが体感しやすいので、骨盤と胸の向きを適正な向きに修正しやすくなります。

正しく練習すれば、即効性のある(上達を体感しやすい)練習です。

準備

【練習する場所】
5度前後の緩斜面

【覚えておく必要のある技術】

やり方

1)両手で骨盤をつかみ、両手以外は基本姿勢になる
両手でつかむ位置は、小指が脚(太もも)の付け根にくるあたりがちょうど良いです。
このとき、骨盤(両手でつかんでいる所)から胸・両肩までを一枚の板だとイメージして、一体感をもってください。
(骨盤の向きと胸の向きが常に同じ方向に向くように意識します。)

両手で骨盤をつかんでいるので、一体感を持ちやすいはずです。
腹筋と背筋に軽く力を入れておくと、より良いです。

骨盤と胸の向きが左つま先の向きと平行になるようにすることを忘れないようにしてください。





2)1)の姿勢が崩れないようにカービングターンする
特に骨盤の向きに注意してください。
骨盤から胸(両肩)までを一枚の板だとイメージして一体感を持っていれば、骨盤の向きさえ注意していれば、胸の向きも適正な方向に向くはずです。

なお、3)以降もカービングターンしながら練習してください。





3)フロントサイドターンする
進行方向に対して、骨盤が閉じてしまったり、開きすぎたりしないように、両手で骨盤の向きを適正な方向(左つま先の向きと平行)になるようにおさえながら滑ります。
普通に滑っている時と違って、骨盤の向きを把握しやすいはずです。

ある程度のレベルに達している人以外は、骨盤の向きが間違った方向を向いているはずなので、両手で骨盤を適正な向きに動かしましょう。

このとき、骨盤から胸までの一体感がなくなると胸の向きが適正でなくなる場合があるので、一体感は保ったままにしてください。
合わせて、胸の向きが適正な方向に向いているか確認できると、より適正な姿勢が理解しやすいです。









3)バックサイドターンする
バックサイドターンでも、進行方向に対して骨盤が閉じてしまったり、開きすぎたりしないように、両手で骨盤の向きを適正な方向(左つま先の向きと平行)になるようにおさえながら滑ります。

こちらも、ある程度のレベルに達している人以外は、骨盤の向きが間違った方向を向いているはずなので、両手で骨盤を適正な向きに動かしましょう。

同様に、一体感も忘れないでください。
胸の向きも確認できるとより良いです。








4)骨盤と胸を適正な向きに向ける感覚がわかるまで繰り返し練習
骨盤と胸を適正な向きに向ける感覚がわかったら、手を離した状態での(普通の)カービングターンをしながら、骨盤と胸の向きを適正な方向に向けて滑るように意識してください。
骨盤の向きが悪かったときよりも安定感が増えるはずです。

意識しなくても骨盤と胸の向きが適正な方向に保てるようになったら、完璧です。

なお、骨盤の向きはわからなくなりやすいので、わからなくなったらまた骨盤を両手でつかんで骨盤の向きを確認しましょう。


注意!
上級レベルのカービングになってくると、骨盤の向きが常に左つま先と同じ方向を向くのではなく、ターン中微妙に変化します。

なので、「どんなに上達しても骨盤の向きは固定する」わけではありません。
勘違いしないように注意してください。
ここで紹介しているのは、骨盤の向きを的確な向きに動かせない初中級者向けの練習です。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-