スノーボードの滑り方:切り換えサイドスリップ| スノボーのスー

切り換えサイドスリップ

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマは切り換えサイドスリップです。

一定のスピードを保ったまま、ヒールエッジのサイドスリップ→切り換え→トゥエッジのサイドスリップ→切り換え。を繰り返して行きます。

ある程度の動き方を早い段階で身につけたほうがいい技術なので、難易度低め(★の数を少なめ)にしていますが、スムーズにやるのは結構難しいです。

<切り換えサイドスリップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・スノーボードの操作能力の向上
・エッジコントロール能力の向上
に、役立ちます。

準備

【練習する場所】
20度前後の中斜面

【覚えておく必要のある技術】

やり方

1)基本姿勢で直滑降
基本姿勢で少し直滑降します。(ほんと一瞬でいいです。)
両足間の真ん中に重心を置いてください。
後ろ足に体重が乗ってしまうと上手く出来ません。



2)ヒールエッジでサイドスリップに切り換える
重心位置が真ん中のままだとスノーボードが回りづらいので、左足に少し体重を乗せるようにして、重心の位置を少し前足寄りに(谷側に)移動します。

同時に、「右手と右肩を後ろに引きながら左手と左肩を右に回して」上半身を右に回し、「左足のつま先を左上に引き上げながら左膝を左に開き、右足のつま先を引き上げながら右足を前に押し出して」下半身を左に回して、スノーボードを横にしていきます。

体をねじることで、体全体を回すこと無くスノーボードの向きを横に出来ます。

目線は進行方向(谷側)に向けたままです。

この時、減速しないように(一定のスピードで進み続けるように)つま先を上げる量を調節してください。





3)一定のスピードを保ったまま、ヒールエッジでサイドスリップする
体がねじれた状態のままサイドスリップします。
この間、一定のスピードでスライドするように、つま先を上げる量を調節してください。




4)トゥエッジのサイドスリップに切り換える
重心位置がカカト(ちょっと山側、進行方向に対して少し後ろ)のままだとスノーボードが回りづらいので、重心の位置を谷側に移動していきます。

同時に、「左手と左肩を後ろに引きながら右手と右肩を前に出して」上半身を左に回し、「左足のつま先を下ろしながら左膝を閉じ、右足のつま先を下ろしながら右足を後ろに引いて」下半身を右に回して、スノーボードの向きを斜面に対して真っすぐにして行きます。

ヒールエッジのサイドスリップをしている時の体のひねりを元に戻している状態です。





5)一瞬、基本姿勢(に近い姿勢)になる
基本的には3)の姿勢から体のひねりを戻しているだけなので、基本姿勢に近い姿勢で直滑降している姿勢になります。
両つま先が降りきって、どちらのエッジにも乗っていないフラットの状態です。

ただし、スムーズに切り換えるために、重心の位置は少し前足寄りになっています。

これは切り換えている最中の一瞬の出来事なので、ここで一度姿勢を固定するわけではありません。
しかし、このタイミングでこの姿勢になること(姿勢が崩れないこと)を意識して練習してください。

完璧な基本姿勢になる必要はありませんが、基本姿勢から大きく崩れた体勢になっている場合は練習の効果が薄れてしまうので注意してください。



6)引き続き、トゥエッジのサイドスリップに切り換えていく
引き続き「左手と左肩を後ろに引きながら右手と右肩を前に出して」上半身を左に回し、「左足のスネでブーツのタンをつぶしながら左膝を閉じ、右足のスネでブーツのタンをつぶしながら右足を谷側に押し出して」下半身を右に回して、スノーボードの向きを斜面に対して横にして行きます。

目線は進行方向(谷側)に向けたままです。

ここでも、体をねじってスノーボードの向きを横にしているので、体全体が回っているわけではありません。

この時、減速しないように(一定のスピードで進み続けるように)ブーツのタンをつぶす量を調節してください。





7)一定のスピードを保ったまま、トゥエッジでサイドスリップする
体がねじれた状態のままサイドスリップします。
この間、一定のスピードでスライドするように、ブーツのタンをつぶす量を調節してください。




8)ヒールエッジのサイドスリップに切り換える
重心位置がつま先(ちょっと山側、進行方向に対して少し後ろ)のままだとスノーボードが回りづらいので、重心の位置を谷側に移動していきます。

同時に、「右手と右肩を後ろに引きながら左手と左肩を右に回して」上半身を右に回し、「左足のブーツのタンをつぶす量を減らしながら左膝を左に開き、右足のブーツのタンをつぶす量を減らしながら右足を前に出して」下半身を左に回して、スノーボードの向きを斜面に対して真っすぐにして行きます。

トゥエッジのサイドスリップをしている時の体のひねりを元に戻している状態です。





9)一瞬、基本姿勢(に近い姿勢)になる
7)の姿勢から体のひねりを戻しただけなので、基本姿勢に近い姿勢で直滑降している状態になります。
このタイミングでブーツのタンをつぶしていない状態になって、どちらのエッジにも乗っていないフラットの状態です。

ただし、スムーズに切り換えるために、重心の位置は少し前足寄りになっています。

5)と同じく、このタイミングでこの姿勢になることを意識して練習してください。



10)引き続き、ヒールエッジのサイドスリップに切り換えていく
「右手と右肩を後ろに引きながら左手と左肩を右に回して」上半身を右に回し、「左足のつま先を左上に引き上げながら左膝を左に開き、右足のつま先を引き上げながら右足を前に押し出して」下半身を左に回して、スノーボードを横にしていきます。





11)一定のスピードで、ヒールエッジでサイドスリップする
体がねじれた状態のままサイドスリップします。
この間、一定のスピードでスライドするように、つま先を上げる量を調節してください。




12)以降、繰り返し


13)繰り返し練習する
一定のスピードを保ったまま、サイドスリップとスムーズな切り換えが出来るようになるまで繰り返し練習しましょう。
ただし、完璧にやるのは結構難しいので、一気に上達しようとせずに、気が向いたときにでも練習してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-