スノーボードの滑り方:重心移動斜滑降(ヒール)| スノボーのスー

重心移動斜滑降(ヒール)

スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)。
今回のテーマはヒールエッジでの重心移動斜滑降です。

ヒールエッジ側で斜滑降しながら重心位置を移動する練習です。

<重心移動斜滑降(ヒール)>

(ライダー:鈴木 卓郎

練習の目的

この練習は、
・エッジに乗って滑る(ズラさずに滑る)能力の向上
・重心の位置を把握する能力の向上
・カービングターン中に重心移動する技術力の向上
に、役立ちます。

準備

【練習する場所】
20度前後の中斜面

【覚えておく必要のある技術】

やり方

1)ヒールエッジに乗ってカービングで斜滑降する
完全なカービングの状態(少しもズレていない状態)で斜滑降します。
この時点で少しでもズレてしまう場合は、まだこの練習が出来るレベルに達していないので、エッジに乗って滑る感覚をもう少し磨いてから再チャレンジしてください。



2)重心の位置を前足の上→後ろ足の上→前足の上と、繰り返し移動する
エッジが外れないように(ズレないように)雪面にエッジを噛ませたまま、「カービング中の姿勢(荷重する場所)」で練習した動き方で、重心の位置を、前足の上→後ろ足の上→前足の上。と繰り返し移動させていきます。

前足から後ろ足に重心を移動している間も、エッジの上から重心が外れないように「常に重心の位置を把握しながら、重心がエッジの上を通るように重心位置をコントロールして」重心移動を行います。

「前足の上に体重を乗せたら、後ろ足の上に体重を乗せる」という2段階の動きを意識して練習すると、練習効果が半減するので気をつけてください。

スムーズにエッジの上を重心移動すると、エッジが雪面を切きながらスノーボードがスッっと前に動くのを感じるはずです。

後ろ足から前足に重心移動する時も同様に、重心がエッジの上から外れないように、また重心移動中も重心位置をしっかり把握してコントロールしながら重心を移動させてください。

なお、後ろ足から前足に重心移動するときは、スノーボードは前に動きません。
(しいて言えば、後ろに動きます。)











3)重心位置を把握し、重心移動をコントロールできるようになるまで繰り返し練習
自分の重心がどこに乗っているのか常に把握できるようになって、なおかつエッジの上を外さずに重心を移動させられるようになるまで繰り返し練習します。

余裕がある人は、移動する幅を広げて「前足よりちょっと前と、後ろ足よりもちょっと後ろの間」を重心移動させると、より高いレベルの感覚を磨く練習になるのでチャレンジしてみてください。


4)カービングターン(バックサイドターン)に応用する
カービングのバックサイドターン中の重心移動に、この練習で磨いた重心移動の感覚を活用してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(バリエーショントレーニング)1 -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-