スノーボードの滑り方:スイッチラン | スノボーのスー

スイッチラン

スノーボードの滑り方(上級編)、その9。
今回のテーマはスイッチラン(スイッチライディング)です。

基本的に、スイッチスタンス用の滑り方というものはありません。
メインスタンスと同じように滑れば完璧です。

しかし、スイッチスタンス独特の特徴があります。
この特徴を理解して練習すると上達が早いので、気をつける点を紹介します。

<スイッチライディング>

(ライダー:鈴木 卓郎

骨盤の向き

骨盤の向きはメインスタンスでも重要ですが、スイッチではより強く意識しましょう。

スイッチスタンスなので、本来は右つま先(前足のつま先)が向いている向きと同じ方向に向くべきです。
しかし、スイッチで滑っていると、骨盤の向きが左つま先(後ろ足のつま先)の向いている方向に向きやすくなります。

しかも、左つま先が向いている方向に骨盤が向いていることに慣れてしまっているため、骨盤の向きがおかしくても自分では気付きづらいのです。
胸の向き、お尻の向きもあわせて意識するとより効果的です。

後ろ足(左足)に体重をかける

スイッチスタンスでは、前足(右足)に体重がかかりやすいです。
フロントサイドターン中でも前足に体重がかかりやすく、バックサイドターンではめちゃくちゃ前足に体重がかかりやすいです。

また、逆に後ろ足(左足)に体重がかけづらいという面もあります。
前足に体重がかかりやすいから後ろ足に体重が乗らないという意味ではなく、後ろ足に体重をかけた状態自体が不安定に感じるのです。

そのため、後ろ足に荷重することをかなり意識しないと、どんどん前足よりになっていってしまいます。
慣れるまでは、極端に後ろ足に体重をかけて滑るのも良い練習になると思います。













鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-