スノーボードの滑り方:滑り方の種類 | スノボーのスー

滑り方の種類

スノーボードの滑り方(上級編)、その1。
ここでは滑り方の種類について説明します。

これまでは、立ち上がり系の滑り方を練習してきましたが、実際には色々なやりかたで滑ることが出来ます。

代表的な3種類の滑り方を紹介します。

今後の説明を読むために必要な知識なので、一通り目を通しておいてください。

立ち上がり系

これまで練習してきた滑り方です。

立ち上がることで抜重してターンの切り換えを行うので、立ち上がり系と言われます。
切り換えた後はしゃがみこみながら荷重します。

覚えやすく、見ためも綺麗で、色々な雪面状況に対応できるので、一番使える滑り方です。
他の滑り方を覚えるためのベースにもなるので、初めに覚えるべき滑り方だと思います。

インストラクターを目指す人以外は、この滑り方を覚えるだけで十分です。

抱え込み系

ターン切り替え時に膝を抱え込むことで(膝を曲げることで)抜重して切り換える滑り方です。
切り換えた後は足を伸ばして荷重します。

圧雪されたバーンではあまり使いません。
深雪を滑るときに使うことが多いです。

プレス

抜重しないで、常に雪面に対して一定の荷重を保ちながら滑る方法です。

抜重するとターンの切り換えが楽になる反面、安定性が悪くなります。
プレスでは安定性を重視するために、抜重せずに切り換えます。
もちろんその分ターンの切り換えは難しくなります。

また、雪面の状況(ゆがみなど)にあわせて、必要以上に加重されたり、エッジが抜けたりしないように、一定の荷重を保つように調整しながら滑ります。

もっともレベルの高い滑り方で、立ち上がり系のカービングターンが高いレベルで出来ないと覚えられません。

どれが良いか?

たまに、どれが一番良い滑り方か聞かれることがあるのですが、
「雪面状況にあわせて一番気持ちいい滑り方を使いながら滑るのが一番♪」
と答えています。

綺麗な圧雪バーンではリラックスして立ち上がり系、荒れてる場所はプレスで滑って、コース脇の深雪に入ったら抱え込み系で。みたいな感じで、気分しだいで好きに滑ればいいと思います。

ただし、一番簡単で一番適応範囲が広く他の滑り方のベースとなりやすい「立ち上がり系」を基本に練習するのが一番良いので、このサイトでも立ち上がり系の滑り方を身につけることを目標に説明しています。









>スノーボードの滑り方(ロングターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-