スノーボードの滑り方:荷重位置 | スノボーのスー

カービング中の荷重位置の理論

スノーボードの滑り方(上級編)、その2。
ここらで、カービングターン中の荷重位置について理論的な解説します。

そろそろ、カービング中の荷重位置について、理論的な理由が気になり始めてるころだと思います。
興味ない人も、知っていた方がターンのイメージがしやすくなると思いますので、確認しておいてください。

効率よくカービングするにはターン導入時に前足に荷重し、ターン後半にかけて徐々に後ろ足荷重になっていきます。
これは、今までの練習ですでに実践していることですよね。

以下にそのような動きをする理由を説明します。

スノーボードに加わっている力

まず、スノーボードにかかっている力について整理します。

<ターン中にスノーボードに加わる力のイメージ>


ターン導入時はスノーボードに力がほとんど加わっていませんが、ターンの後半になるほど、スノーボードに加わる力が大きくなっていきます。

そのため、ターン後半でスノーボードの方向づけ(滑走ラインの変更)やしなりの量を調整する余裕なんてありません。
それよりも、エッジがズレないこと、ノーズが雪面に詰まったりしないことが重要になります。

ターン後半にスノーボードの方向付けやしなりの量を調整できないとなると、スノーボードに力が加わっていない前半のうちにスノーボードの方向付けとスノーボードのしなる量を決めるしかありません。

逆に言うと、ターンのできるだけ早い段階で、方向付けとしなりの量を調整し終わっておくことが、きれいにカービングする鍵になります。

荷重位置の違いによる特徴

次に、荷重する位置の違いによる特徴を整理します。

前足荷重にすると、スノーボードの方向付けがしやすく、スノーボードを自然にしならせることができます。
そのため、ターン前半に都合が良い姿勢なのです。
なお、前足荷重の姿勢は外からの力に弱く、エッジがズレやすいという特徴があるのですが、スノーボードに力がほとんど加わっていないターン前半では心配ありません。

後ろ足に荷重すると、ズレにくく、またノーズが詰まりづらくなります。
そのため、ターン後半に都合が良い姿勢なのです。

ちなみに、後ろ足に荷重すると、スノーボードの方向付けやしならせることは難しくなるという特徴もありますが、ターン前半に方向付けとスノーボードをしならせることが上手くいっていれば、ターン後半は曲がろうとする動作をしなくても勝手に曲がっていきますので、ターン後半でスノーボードの方向付けを考える必要はありません。

ターン前半のスノーボードの方向付けとしならせる量を失敗したときは、後半ではどうしようもできないので、きれいなカービングは諦めましょう。(笑)

その他の効果

ターン前半から後半にかけて荷重場所をノーズ側からテール側に移動することで、ブランコを漕ぐような感じでスノーボードを走らせることができます。

理論的に知っておく必要性

ただ理論を知っておいた方が良いだけでなく、以下の2つのことを理解することが非常に重要です。

 きれいにカービングできるかどうかはターン前半で決まる!
 ターン後半に曲がろうと頑張ってもムダ!

感覚的には分かりづらいことなのですが、荷重する位置の特徴と、ターン中にスノーボードにかかる力について知ることで、この2つのことを理論的に理解できたと思います。









>スノーボードの滑り方(ロングターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-