スノーボードの滑り方:荷重を早める | スノボーのスー

ターン前半の荷重を早める

スノーボードの滑り方(上級編)、その7。
今回のテーマは荷重の早め方です。

これまでの解説で、ターンのできるだけ早い段階で前足で荷重したほうが良いことはわかったと思います。
早い段階で前足で荷重できるように意識しながら何度も繰り返しロングターンするのが基本的な練習方法なのですが、なかなか感覚がわからないと思います。

そこで、できるだけ早く荷重する感覚を覚える練習方法を紹介します。

ただし、かなりの高等テクニックが必要なので、できなくても落ち込まずに、上達してからまたトライしてみてください。

注意!
急に曲がるため、後ろを滑ってる人に突っ込まれる可能性があるので、しっかり安全確認してから練習してください。

準備

5〜10度の緩斜面で練習します。
ある程度ショートターンが出来た方が、練習しやすいです。

やり方

フロントサイド
<荷重を早める(フロントサイド)>
(ライダー:鈴木 卓郎

<ターン弧の図>



1)緩斜面で直滑降する
スピードはそんなに必要ないです。



2)小さくバックサイドターンする
バックサイドターンするのは一瞬です。



3)左足に加重しながら、トゥエッジで雪面を捉えるように切り換える
切り換えてから加重するのではなく、加重しながら切り換えるように意識するのがポイントです。




4)そのまま一気にしゃがみこんで加重し、スノーボードを思いっきりしならせる




5)出来るだけ深く小さなターン弧でカービングする






6)ロングターンに応用する
上手く出来れば、早く捕らえた時の感覚がわかると思います。
その感覚をロングターン中に実践してみましょう。

バックサイド
<荷重を早める(バックサイド)>
(ライダー:鈴木 卓郎

<ターン弧の図>


1)緩斜面で直滑降する
スピードはそんなに必要ないです。



2)小さくフロントサイドターンする
フロントサイドターンするのは一瞬です。




3)左足に加重しながら、ヒールエッジで雪面を捉えるように切り換える
切り換えてから加重するのではなく、加重しながら切り換えるように意識するのがポイントです。





4)そのまま一気にしゃがみこんで加重し、スノーボードを思いっきりしならせる




5)出来るだけ深く小さなターン弧でカービングする




6)ロングターンに応用する
上手く出来れば、早く捕らえた時の感覚がわかると思います。
その感覚をロングターン中に実践してみましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-