スノーボードの滑り方(ロング上級編) | スノボーのスー

スノーボードの滑り方(ロングターン上級編)

スノーボードの滑り方(ロングターン上級編)です。
よりレベルの高い、中斜面でのカービングロングターンのやり方、練習方法を解説します。

一応、上級レベルという形で分けていますが、中級レベルと滑り方が変わるわけではありません。
中級レベルで習得した滑り方の技術を向上させるために必要な知識やイメージを紹介しています。

新しい技術を覚えることは少ないので、練習方法の紹介より、イメージの作り方や注意点(ポイント)の解説が多くなっています。
(一部、練習方法の紹介もありますが)

解説を読んで理解したら、ロングターンをしながら実践してみてください。

なお、立ち上がり系以外の滑り方の理論については別の機会に解説しようと思います。

一応、順を追って説明しますが、ここまで来たらどれから読んでも大丈夫です。

INDEX 練習する順番

効率良く上達するために、効果的な順序で紹介します。
リンク先に詳しいやり方を紹介します。


滑り方の種類
いくつかの代表的な滑り方を説明します。


カービング中の荷重位置の理論
カービング中に荷重位置を動かす理由を説明します。
知っておくとカービングの仕組みが理解しやすくなり、上達に役立ちます。


肩を使った荷重位置の調節
より効率的な荷重を行うために、肩の使い方を説明します。


上達のヒント1
ボリューム的に1ページつかわないポイントをまとめています。
でも、重要なことばかりです。


上達のヒント2
ボリューム的に1ページつかわないポイントをまとめています。
パート2です。
やっぱり、重要なことばかりです。


ジャンプターン
ターン中の姿勢、傾きをより正確なものにするための練習方法です。
これが出来るようになると、安定度がかなり高くなります。


ターン前半の荷重を早める
カービングのレベルを上げるために、荷重するタイミングを早める必要があります。
このことについて説明します。


ロングターン(上級)
ロングターン全体を詳細に解説します。


スイッチラン
スイッチで滑るときの注意点をまとめています。
知っていると知らないとでは上達のスピードが全然違います。









>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-