スノーボードの滑り方:カービングロング上級 | スノボーのスー

カービングロングターン(上級)

スノーボードの滑り方(上級編)、その8。
ここでは上級レベルのカービングロングターンのやり方を紹介します。

上級レベルのロングターンのまとめとして、ターン全体の流れを整理します。

<ロングターン(上級)>

(ライダー:鈴木 卓郎

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>



1)ターン後半1
ターン後半になってきたら、体軸を起こしながら立ち上がり始めます。
早めに立ち上がり始めるのが次のターンをきれいに滑るためのポイントです。



2)ターン後半2
後ろ足を伸ばして立ち上がりながら、重心を前足に移動していきます。
後ろ足でしっかり雪面を捕らえているように意識しながら後ろ足を伸ばすと、よりきれいにターンを仕上げることができます。



3)ターン終了時
ターン終了時は、次のターン導入のための準備期間です。
この時点で次のターンの導入に集中できるように、早めに立ち上がり始めることが重要です。



4)切り換え時
エッジはどちらにもかかっておらず、雪面に対してスノーボードはフラットの基本姿勢に近い姿勢になっています。
基本姿勢との違いは、次のターンの出来るだけ速い段階で前足で雪面を捉えられるように、ちょっと前足よりに重心があること、上半身の姿勢がF/Sターンのやりやすい姿勢になりかかっていることです。



5)ターン導入時
体軸を傾けながら、前足荷重の高い姿勢で左足付近のエッジで雪面を捉えます。
この辺りでは、立ち上がったときの抜重が残っているため、前足荷重の姿勢でも前足に体重はあんまりかかっていません。



6)ターン前半1
前足に荷重して、しっかり左足付近のエッジに体重をのせます。
この時、スノーボードに力を加えて(加重して)スノーボードをしならせても良いです。



7)ターン前半2
後ろ足を曲げながら、徐々に重心の位置を真ん中寄りにしていきます。
4)〜7)までの動きをどれだけスムーズに、かつターンの早い段階で終わらせるかが、きれいなカービングをするためのポイントになります。



8)ターン中盤1
後ろ足を曲げながら両足均等荷重になっていきます。
体軸は倒していきますが、重心がターン内側に入り過ぎないように上半身を起こすことを意識します。



9)ターン中盤2
引き続き後ろ足を曲げて低い姿勢になりながら、後ろ足荷重になっていきます。



10)ターン後半1
ターン後半になってきたら、体軸を起こしながら立ち上がり始めます。
早めに立ち上がり始めるのが次のターンをきれいに滑るためのポイントです。



11)ターン後半2
後ろ足を伸ばして立ち上がりながら、重心を前足に移動していきます。
後ろ足でしっかり雪面を捕らえているように意識しながら後ろ足を伸ばすと、よりきれいにターンを仕上げることができます。



12)ターン終了時
ターン終了時は、次のターン導入のための準備期間です。
この時点で次のターンの導入に集中できるように、早めに立ち上がり始めることが重要なのです。




13)切り替え時
エッジはどちらにもかかっておらず、雪面に対してスノーボードはフラットの基本姿勢に近い姿勢になっています。
基本姿勢との違いは、次のターンの出来るだけ速い段階で前足で雪面を捉えられるように、ちょっと前足よりに重心があること、上半身の姿勢がB/Sターンのやりやすい姿勢になりかかっていることです。



14)ターン導入時
体軸を傾けながら、前足荷重の高い姿勢で左足付近のエッジで雪面を捉えます。
この辺りでは、立ち上がったときの抜重が残っているため、前足荷重の姿勢でも前足に体重はあんまりかかっていません。



15)ターン前半1
前足に荷重して、しっかり左足付近のエッジに体重をのせます。
この時、スノーボードに力を加えて(加重して)スノーボードをしならせても良いです。



16)ターン前半2
後ろ足を曲げながら、徐々に重心の位置を真ん中寄りにしていきます。
13)〜16)までの動きをどれだけスムーズに、かつターンの早い段階で終わらせるかが、きれいなカービングをするためのポイントになります。



17)ターン中盤1
後ろ足を曲げながら両足均等荷重になっていきます。
体軸は倒していきますが、重心がターン内側に入り過ぎないように上半身を起こすことを意識します。



18)ターン中盤2
引き続き後ろ足を曲げて低い姿勢になりながら、後ろ足荷重になっていきます。



19)ターン後半1
ターン後半になってきたら、体軸を起こしながら立ち上がり始めます。
早めに立ち上がり始めるのが次のターンをきれいに滑るためのポイントです。



20)ターン後半2
後ろ足を伸ばして立ち上がりながら、重心を前足に移動していきます。
後ろ足でしっかり雪面を捕らえているように意識しながら後ろ足を伸ばすと、よりきれいにターンを仕上げることができます。



21)ターン終了時
ターン終了時は、次のターン導入のための準備期間です。
この時点で次のターンの導入に集中できるように、早めに立ち上がり始めることが重要なのです。




4)にもどる


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン上級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-